ヘルスケア領域のデータポータビリティ実現に向け個人健康データの活用推進に合意|札幌医科大学と富士通

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道公立大学法人 札幌医科大学と富士通株式会社は2023年1月16日、電子カルテシステムに蓄積された患者の診療データ(EHR)を含む個人の健康データ(PHR)を活用する取り組みについて合意したことを発表した。これは個人が健康や医療に関するデータを主体的に管理するヘルスケア領域のデータポータビリティの実現に向けて、同大学の附属施設である札幌医科大学附属病院において電子カルテシステムに蓄積された患者の診療データを含む個人の健康データを活用する取り組みだ。

患者や家族が自ら日常的にデータを活用し、健康を管理する

高齢化が進行していく日本においては、年齢を問わず全ての人が健康で安心して生活していくために、医療サービスを受ける場面だけではなく、患者や家族らが自ら日常的に健康や医療に関するデータを活用し、健康を管理することの重要性が増している。

日本では各医療機関のEHRや個人がスマートフォンなどで管理する情報は利用範囲が限定的であり、個人の健康データ利活用促進のための環境整備が課題となっている。近年では、各医療機関が所有するEHRや患者個人が所有するバイタルデータを患者が個人で管理・活用する社会の実現に向けた施策が政府、各省庁でも議論、推進されている。

取り組みにおける両者の役割

札幌医科大学附属病院
・診療データをHL7 FHIR形式に変換するための開発支援
・アプリ開発での医学面におけるシステム設計サポート
・診療業務での個人の健康データ活用による医療の質向上
・ヘルスケアデータ基盤を活用した新たな地域医療モデルの検討
・院内のシステム設計や運用などに関する監修
・患者へのアプリ利用の勧奨

富士通
・診療データをHL7 FHIR形式へ変換する仕組みの構築
・EHRが参照できる患者向けスマートフォンアプリの開発および提供
・個人の健康データの利活用について、患者本人が主体的に選択できる同意取得管理の仕組みの整備
・EHRやバイタルデータなどを管理するヘルスケアデータ基盤の提供

■北海道公立大学法人 札幌医科大学
附属総合情報センター:教授 大西浩文、准教授 廣田健一
電話011-611-2111(代表)

■富士通株式会社
電話:0120-933-200
受付時間:9:00~12:00および13:00~17:30(土・日・祝日・富士通指定の休業日を除く)
問い合わせフォーム
https://contactline.jp.fujitsu.com/customform/csque04802/873532/

>>ニュースリリース