「AI活用したい企業には無償で機器を貸し出し」SB C&SがAIの“橋渡し役”に

このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】この記事はSB C&S株式会社のスポンサードコンテンツです。

SB C&S株式会社は、ソフトバンクグループの原点であるIT関連商材の流通事業を担っている。法人事業としては、 4,000社を超すメーカーと12,000社を超す販売パートナーのビジネスを円滑に繋ぐハブとなり、最適なICTプロダクトやサービス導入を支援している。

昨今では、ビジネスの変革と成長を求める企業に応えるため、クラウド・AIなどの最新テクノロジーにも注力しており、それらを用い、変化する市場環境に対応した最先端のプロダクトとサービスを提供し続けている。

なかでもAI・人工知能分野においては、SB C&Sはエヌビディアの国内正規代理店として、エヌビディア純正製品だけでなく、そのGPUを搭載したOEMメーカー製品の品揃えでも国内随一を誇り、それに付随する各種サービスも提供中だ。

そんな同社が現在掲げているのは「AIエンゲージメント」だ。

エンドユーザーとAI企業の「橋渡し役」

SB C&Sは「日本国内でのAI利活用はまだほとんどされておらず、市場形成もまだまだ“これから”といった状況」と考えている。また、AIソリューションを提供する企業についても「エンドユーザーに対しての提案が不慣れな場合がある」という。

そこで、SB C&SはAIソリューションを提供する得意領域の異なるさまざまな企業と協業し、AIやDXの啓もう活動や需要喚起を進めている。そしてその活動から、案件の協働創出やエンゲージメントを行っている。

具体的には、エンドユーザーである企業が抱える課題は非常に多岐にわたるため、それぞれの課題に対して解決が得意なパートナーやツールをつなげ、課題解決へのサポートをするのが「AIエンゲージメント」だ。

それこそ本稿を読んでいる方の企業でも抱える課題は千差万別。たとえば、

  • より効率的な在庫運用がしたいので需要予測をしたい
  • 製造ラインを止めたくないので、製造するための機器を事前に不調やメンテナンス状況を把握したい
  • 人の目視による外観検査を自動化したい
  • 自社ビジネスへのAI活用のために、より効率のいい開発基盤がほしい

などが挙げられる。SB C&Sは、これらの課題を抱える企業の相談窓口になるのがAIエンゲージメントの取り組みのひとつ。そして、相談元の企業が抱える課題に対して、解決にあたって最適なパートナーを同社が提案してくれる。

先に書いたとおり、AIソリューションを提供する企業にとっても、得意な領域でのプロジェクトを取り組めるため、AI企業/エンドユーザー企業の双方の橋渡し役になるのがSB C&Sだ。

現在、同社が協業しているAIサービス提供会社は50社を超え、それぞれが高い技術力や得意領域を持っている。

「そもそもAIって何ができる?」といった企業のサポートも

だが、AIやDXについて「そもそもよくわからない」「AIやDXを推進すると何ができる?」「自社の課題がよくわからない」といった企業も少なくない。このようなAIやDXのファーストステップといえる段階の企業に対して、SB C&Sがオススメするのは、「AIやDXのリテラシー向上から始める」ことだ。

AI導入の成功の秘訣は、解決したい課題のためにはどんなAIが必要で、そのAIを作るためにはどのようなデータを取得しないといけないのか、目的からの逆算が重要だ。逆算をするためにも、まずはDXやAIリテラシーを向上させることが大切だとSB C&Sは考えている。もちろん、このような“まだまだAIやDXについて詳しくない企業”に対しても、リテラシーを向上させるサービスを提供する企業をSB C&Sは紹介してくれる。

また、既にAIの開発や導入を進める自社人材を確保しており、その動きを“加速させたい”企業には、学習から推論まであらゆるAIワークロードの実行が可能なエヌビディアの最新世代GPUアーキテクチャを実装した「Ampere」シリーズをはじめ、HPC/VDI用途にも利用可能な「Turing」、「Volta」シリーズなどさまざまなGPUやそれを搭載した最新のサーバー等の検証機器を提供するなど、SB C&Sならではの幅広いラインアップは見逃せない。

しかも同社では、導入検討するにあたって事前検証に必要となる機器の貸出支援から構築パートナーの紹介まで、無償で支援してくれる。


SB C&Sが目指すのは、AIエンゲージメントの活動を通して関わるさまざまなステークホルダーとの共同成長であり、そのためのビジネス変革だ。

講演者:SB C&S株式会社 NVIDIA&AI販売推進課 丸山 香織さん

SB C&Sが取り組むAIエンゲージメントに関するお問い合わせ
ICT事業本部 販売推進統括部 NVIDIA&AI事業推進担当
SBBMB-nvidia-ai@g.softbank.co.jp