ドコモ、AI乗合タクシーを茨城県に導入 夜間の飲食店利用時の送迎にも対応

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は9月17日、茨城県大子町、茨城日産自動車株式会社(以下、茨城日産)とAIを活用した乗合タクシーとカーシェアリングの実証実験を茨城県大子町で実施することを発表した。

本実証実験は、「大子町公共交通実証実験推進に関する連携協定」の一環として取り組まれ、2020年10月1日(木)~2021年9月30日(木)の期間で実施される。

>> プレスリリース

ドコモ、地域活性化に向けたAI乗合サービスを開始 大子町に導入

AI乗合タクシーは、スマートフォンアプリやWEBサイト、または電話で予約することで、運行中のAI乗合タクシーをリアルタイムで配車する仕組みだ。

利用者は乗降場所と乗車人数を選択すると、AIが配車ルートを決めてアプリやWEB上で乗車予定時刻を指定する。その後、AI乗合タクシーが乗車場所へ利用者を迎えにいく。

そのため、利用者はAI乗合タクシーで自宅近くの乗降場所や公共施設、商業施設などの指定乗降場所を自由に移動すること可能だ。

AI乗合タクシー予約イメージ

AI乗合タクシーは、茨城日産の2台の車両を使い、大子町民の生活圏および町民の観光エリアで無料運行する。地域住民の新たな移動手段として、自宅からスーパーや町役場、医療施設への移動のほか、観光客の観光地への移動手段としての利用も想定している。さらに、夜間の地元飲食店利用時の移動手段としても運行するという。

AI乗合タクシーは、ドコモのオンデマンド乗合交通「AI運行バス」のシステムを活用し、配車の効率化を目指していく。また、夜間の送迎利用にAI運行バスのシステムを利用するのは、全国初の取り組みだ。

加えて、本実証実験では2019年の台風19号で被害に遭い、鉄道での移動が困難になった町民を支援するため、南田気地区と下津原地区を運行する臨時無料巡回バスを運行する。そのほか、電気自動車を利用したカーシェアリングの実証実験も実施していく。

レンタカーの利用環境がない大子町で、住民の日常利用や鉄道で訪れた観光客の移動手段としてカーシェアリングのサービスを提供する見通しだ。

AI乗合タクシー運行車両イメージ

ドコモでは、AI乗合タクシーやカーシェアリングの利用促進を図り、実証実験対象地区の住民にWEB予約方法などを教えるスマートフォン教室を開催するという。これにより、大子町民の利便性向上につなげていく。

>> プレスリリース

あいおいニッセイ同和損保、新たな保険商品に向けてAI交通サービスと提携

AIを活用した交通サービスが普及することで、地域活性化が期待される。

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下、あいおいニッセイ同和損保)と株式会社NearMe(以下、ニアミー)は2020年8月6日、地域活性化に貢献する新たなモビリティサービスの開発に向けて業務提携をしたことを発表した。

ニアミーは、顧客のリアルタイム位置情報を活用して地域活性化に貢献する「瞬間マッチング」プラットフォーム構築に取り組んでいる。シェアリングエコノミーを鑑みたMaaS領域から、渋滞緩和、混雑の解消、高齢者の移動手段となることを目指し、独自のAIを活用した「タクシー相乗り」アプリとオンデマンド型シャトルサービス「スマートシャトル」を開発・提供している。

一方、あいおいニッセイ同和損保は、将来の環境変化に備えた新たなビジネスモデルの創造に取り組み、モビリティ社会の本格展開を見据えて、CASE・MaaSに対応した保険商品・サービスの開発を進めてきた。

業務提携によって、両社は空港と都市間をはじめとするスマートシャトルでの保険商品・サービスの開発を目指していくという。