シャープ、デジタルサイネージの視聴分析ソリューションを提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャープマーケティングジャパン株式会社は6月9日、デジタルサイネージの視聴分析ソリューションを6月16日より提供開始すると発表した。

デジタルサイネージの視聴分析ソリューションは、シャープ株式会社およびシャープマーケティングジャパンが提供するデジタルサイネージ配信ソリューション「e-Signage S クラウドサービス」のオプションサービスだ。

視聴分析用のエンジンには、株式会社ニューフォリアの「Vision Eye」を採用している。

ディスプレイに取り付けたカメラが取得した情報から、クラウド上のAIが「通行者数(トラフィック数)」およびサイネージの「視聴者数(オーディエンス数)」を計測・集計。また、視聴者の性別や年齢も解析する。
※属性解析の際に取得した顔画像のデータは、解析後即削除する。

属性解析および利用シーンのイメージ

集計および解析結果は、設置場所別や時間帯別、コンテンツ別に表やグラフで可視化してフィードバック。視聴者数の多いサイネージやコンテンツのランキングも提供する。

本ソリューションは、新規設置はもちろん、既設のデジタルサイネージでも利用できる。

本ソリューションにより、通行者数や視聴者数の多い設置場所や時間帯などを定量的に把握できるうえ、各コンテンツの訴求効果も検証でき、デジタルサイネージの運用の効率化や情報発信力の強化に貢献するとしている。

デジタルサイネージ管理者画面のイメージ

>>ニュースリリース