東海道・山陽新幹線に試験的導入のビジネスブース、空きの確認・予約はスマホから

東海道・山陽新幹線車内に試験的導入のビジネスブース
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真提供:JR東海

株式会社バカン(以下、バカン)は、東海旅客鉄道株式会社(以下、JR東海)が東海道・山陽新幹線における一部のN700S車内において試験的に導入する「ビジネスブース」に、人手を介さず座席の即時予約ができるサービス「VACAN Noline Autokeep(バカン ノーライン オートキープ)(以下、Autokeep)」を提供すると発表した。

JR東海は、東海道・山陽新幹線のビジネス環境の拡充に向け、一部のN700S車内に「ビジネスブース」を試験導入し、5月9日以降、サービスを開始する。

東海道・山陽新幹線に試験的導入のビジネスブース
写真提供:JR東海

N700Sの7・8号車間のデッキ部に設置されたビジネスブースは、喫煙ルームを改造したもので、テーブル、ハイチェア、コンセントなどがあり、打ち合わせ、Web会議や電話などに一時的に利用できる。ビジネスブースを利用できるのは、7号車の乗客のみ。

バカンとJR東海のロゴ

今回、ビジネスブースの予約・利用のための導入されたのが、バカンが提供する座席の即時予約/管理サービス「Autokeep」で、乗務員が介することなく、同ブースの空き状況がWeb上で確認でき、簡単に予約できる。

VACAN社Autokeepの説明

利用希望者は、座席に搭載されているリーフレットのQRコードをスマートフォンで読み取り、専用Webページで予約する。10分以内にブースに入り、ブース内のタブレットのQRコードを読み込んで利用開始する。利用時間は、最大30分間まで。ブースの席が埋まっている場合はオンライン上の行列に並び、自分の順番がきたらメールで通知が届くシステムとのことだ。

>>ニュースリリース