3密を避けて買い物、店舗の混雑状況をリアルタイム確認できるサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社バカンは2020年4月27日、スーパーマーケットやドラッグストア、コンビニエンスストアなどの小売業種向けに、店舗の混雑状況や待ち人数をリアルタイムで確認できるサービス「VACAN(バカン)」を今後提供し、あわせて加盟店の一般募集を開始すると発表した。

株式会社バカンはIoTとAIを活用して、あらゆる場所の空き状況を自動検知し、その情報を配信するサービスを提供している。

VACANに加盟を希望する方は、株式会社バカンのサイト(https://www.vacancorp.com/blog/vacan-sd)から連絡するか、contact@vacancorp.comへメールの送信が必要だ。ゴールデンウイークにともなう連休中も受付をしている。

>> プレスリリース

新型コロナ感染の危険「3密」を回避

生活必需品を扱うスーパーやドラッグストアなどの小売店では、新型コロナウイルス感染拡大防止のために避けるべき密閉・密集・密接の「3密」が発生しやすい現状があった。しかし、店舗の混雑状況は実際に店頭へ行かなければ分からないという課題があった。

こうした現状を受けて、株式会社バカンは、スマートフォンなどから店舗の混雑状況をリアルタイムで確認できるWebサービスを開発した。サービス利用者は、3密を避けて買い物ができるようになる。

お店の混雑状況や感染防止策を確認

VACANでの店内の混雑状況の確認は、AIやIoTを活用してカメラやセンサー、Web待ち列サービス、手押し式のボタンなど、店の状況に合わせた方法で検知する。混雑状況データはVACAN上だけでなく、各店のWebサイトやアプリにも連携して表示できる。

VACANでは混雑状況にくわえ、そのお店がソーシャルディスタンスの確保や消毒など、どのような感染防止対策をしているか確認できるようになる予定だ。

VACANは店舗が登録され次第、Webサイトにて公開される。

>> プレスリリース

AIで店舗の混雑状況を可視化するサービスが広まる

バカンのソリューション以外にも、店舗の混雑状況をAIで認識し、その状況をWeb上で確認できるサービスが登場している。

2019年12月には、株式会社セキュアと株式会社ヘッドウォータースが映像推論のエッジAIカメラを活用して、飲食店などの空席情報をリアルタイムに掲出できる“混雑状況見える化”ソリューション「comieru Live」の実証実験を実施した。

実証実験では、フードコート内にカメラを設置して、Web上で混雑状況がわかるURLを公開し、リアルタイムに空席状況を掲出した。撮影された映像は、「Raspberry Pi」または、「NVIDIA Jetson Nano」に搭載したエッジAIが人の位置情報のみを検出する。クラウドサーバー上で送信された位置情報を基に人物をアイコンに置き換えた画像を生成しページに表示する。

AI技術を活用することによって新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ取り組みは、各企業が挑戦している分野であり、今後も店舗の混雑状況以外にも新たなソリューションが生まれそうだ。