一番身近な人工知能Siri。人と対話するまでの歴史やその仕組みを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

音声アシスタントと聞いて『Siri』を想起する人も多いのではないでしょうか。“Hey Siri”とiPhoneに話しかけると起動でき、音声だけでiPhone上のいろいろな操作をしたり、わからないことはSiriに聞けたり、使いこなせばとにかく便利です。

最近では音声で操作ができるAmazon EchoやGoogle Home、LINEのWAVEなどのスマートアシスタントもたくさん登場していますが、その先駆けとなったものがSiriだと言えます。

今回は、改めて人工知能Siriについて、どんな仕組みなのか、どんなAIなのかなどなど深掘りしていきたいと思います。

参考文献:アップル、AIを用いた「Siri」の音声品質向上の取り組み紹介

そもそもSiriって何? 起源を辿るとおもしろい

SiriはiPhone, iPad, iMac等Appleのデバイスで使える人工知能型アシスタントです。iPhone4S以降の機種に搭載されていて、晩年のスティーブ・ジョブズの最後の作品とも言われています。

Siriの説明をする前に、AIの歴史について触れておきます。

人工無脳のELIZA。Siriの原型をつくる

その起源を辿るとSiriは1964年に開発された「ELIZA(イライザ)」という対話システムをベースとしています。このELIZAは高性能な人工知能というわけではなく、コンピュータと人がまるで対話しているかのようにみせたシステム。単純なプログラムを組み込むことで、定型的な返答でも、コンピュータと話しているかのようになります。

具体的な話をすると、人間が「お腹が空いた」とコンピュータに入力すると、コンピュータが「なぜお腹が空いたと言うの?」と返し、「A氏が私に怒っている」と入力すると「ほかに誰があなたに怒っているの?」という具合に、ELIZAに記録されている定型文に相手の発言を取り入れ返すような単純な仕組みでできています。

ほかにも「その質問、おもしろい?」「ほかのことを話しましょう」といったような話の展開を広げるような文言もあったようです。

もちろん、そこに言葉の本質的な意味は、何もありませんが、会話はうまいこと成り立ちそうですよね。これを原型とし、人工知能が搭載された形でリリースされたのがSiriというわけです。ただ今の形に行き着くまでには険しい道のりが……

人と自然な対話できるような人工知能への道のり

ELIZAが開発されてから約15年。1980年代の第二次AIブーム当時になっても、人工知能は人間と自然な対話ができるレベルではありませんでした。2000年代になってからアメリカ政府主導の軍事機関、国防高等研究計画局(DARPA)により、戦場で兵士をサポートする目的で研究が進められ、やっと実用段階に耐えうるレベルまでこぎつけたという感じです。

この人工知能の実用化にむけてDARPAは、SRI Internationalというスタンフォード大学が創設した超精鋭ぞろいの非営利研究機関と連携し、「CALO(Cognitive Assistant that Learns and Organizes)」というプロジェクトを5年もの歳月をかけて進めました。

その後、CALOプロジェクトはスタートアップ企業Siriとして独立。2010年当初にたくさんのWebサービスと連携できるアプリとしてリリースされました。
AppleはこのSiriを買収し、音声認識自然言語処理機能を付け加えた上で、iphone4sからSiriの機能を搭載。こうした経緯があって現在のSiriに至るわけです。

1 2