“100年後も持続する社会”を見据えた意思決定のために、データを使う「サステナブルアルゴリズム」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界規模でDX化が進み、ビッグデータの分析やアナリティクスの活用は今や社会・企業の成長にとって欠かせない手段となった。そんな中、設立3年のスタートアップでありながら、社内外のデータを集積したプラットフォーム(基盤)と、スマートシティから脱炭素まで幅広いデータ活用事業を展開しているのが株式会社DATAFLUCTだ。

同社の事業開発の柱となるのが「サステナブルアルゴリズム」の考え方だという。

サステナブルアルゴリズムとは何か? それを実現していくためのデータ活用とは? 同社代表取締役の久米村隼人氏に、この考え方に至った経緯と背景、目指していく未来と挑戦について伺った。

すべての人がデータを活用できる、持続可能な未来を作りたい

DATAFLUCT代表の久米村隼人氏写真提供:DATAFLUCT

すべての人がデータを活用できる、持続可能な未来を作る”こと。DATAFLUCTでサービスを開発する際に最も大事にされている「サステナブルアルゴリズム」は、これを目指したものだという。

アルゴリズムは一般的にコンピューターなどの「算法」を意味することが多いが、ここでは広い意味での「思考法(考え方)」「解決法」を指す。「データを商いに」を企業ビジョンとし、社会課題解決のためのデータビジネスへと積極的に取り組む久米村氏は、この考え方に込められた想いについて次のように言及した。

久米村氏:サステナブルアルゴリズムとは、「100年後も続く社会」を見据えた意思決定のことであり、環境価値・社会価値・顧客価値・経済価値を両立させた最適解にたどり着く方法です。環境、社会、経済、そして科学は業界に関係なく相互に連鎖しているもの。私たちは、データの活用をもってその垣根を飛び越え、よりサステナブルな世界にしていくことを目指しています。環境も、社会も、企業も、100年後まで永らえてほしい。そのために社会課題を解決するデータビジネスを自分たちで作ろうと考えています。

実現のために重要なのは「バリュードリブン」で進むことだという。難しいデータ技術を誰もが使えるようにして、その恩恵をすべての産業に届けたいと考えるDATAFLUCTでは、次の3点をバリューとして掲げている。

DATAFLUCTのバリュー

①データプラットフォームパートナー
データプラットフォームを備えたパートナーであること

②インパクトメーカー
ビジネスはもちろん、環境・社会に向けたインパクト作りに伴走していくこと

③ウォールブレイカー
日本の組織における細分化されたデータ活用の仕組みを壊していくような存在になること

久米村氏:当社の役割は、企業・社会のサステナビリティの実現と、データを活用したビジネス変革を同時に成し遂げることです。そこで、データプラットフォームビジネスを展開し、社会にインパクトを与えるさまざまな企業を支援することで、社会課題そのものにインパクトを与えていこうとしています。

社会課題に取り組むうちに生まれた疑問が「サステナブルアルゴリズム」へとつながった

DATAFLUCTのサステナブルアルゴリズム画像提供:DATAFLUCT

同氏が「サステナブルアルゴリズム」の考え方にたどりついた背景には、何があったのだろうか。聞けば、DATAFLUCT創業前から「社会課題解決」を前提とした案件に数多く関わり、実績を重ねる内に、自然とそうした考えにつながる疑問や課題感が生まれてきたという。

久米村氏:たとえば、人口が減少しているにもかかわらず、オフィスビルやマンションなどの建設は続いています。その一方で空き家が増えている。こうした問題を解決するためには、建物を永続的に使えるように、修繕やメンテナンス、リノベーションをして価値を高めることが必要です。そのアルゴリズム(仕組み)を作るための事業をクライアントと立ち上げました。具体的には、建物・設備のあらゆるデータを自動的に集約・連携して「見える化」するソリューションを作りました。それによってオーナーは高精度の管理とバリューアップの判断材料を得ることができます。

また、宮崎県の鰹漁師と、いわゆる“ベテランの勘”をAIに学習させ、ロボット漁船を作るプロジェクトも手がけました。現在漁師の後継者不足から、外国人留学生が多く船に乗るようになっていますが、環境は過酷です。AIによる漁業は、長期的視点で考えると避けて通れない選択肢だったと思います。

こうした事業に取り組む中で生まれたのが、「それって100年後も続いているのだろうか?」という、持続可能性に関わる疑問だった。上記のような社会課題は1つの要因によるものではなく、社会的、経済的、環境的な複数の要因が絡み合い生み出される。

久米村氏は、各課題の複雑に入り組んだ要因を解くため、「現場に行き、話を聞き、観察し、世界のニュースを見て、統計データを漁る」ことを繰り返したと振り返る。

久米村氏:まずは、デジタルの力を使って現場の課題を解決してみること。それが、顧客の課題や事業自体の課題の解決へとつながっていきます。大切なのは、利益ではなく、インパクトを起こすこと。“事業の連鎖の先に、社会と環境全体の課題を解決できる最適解が見えてくるはずだ”。そうした想いから、小さな揺らぎを大きなムーブメントに変える方法を考え続けました。

今、DATAFLUCTが挑戦するのは、地球規模での持続可能性です。それを成し遂げるために企業変革のためのプロダクトを作り、さまざまな意思決定を、サステナブルを前提としたものに改革していきたい。この解決法を私は「サステナブルアルゴリズム」と呼ぶことにしたのです。

サステナブルアルゴリズムを実装するための、2つのビジネスモデルとは

DATAFLUCT画像提供:DATAFLUCT

DATAFLUCTのミッションは、サステナブルアルゴリズムの実装によって、100年後も続く社会を作ること。そのためのビジネスモデルは2種類あるという。

1つは、「現場」に近いAI(人工知能)/ML(機械学習)/BI(ビジネス・インテリジェンス)アプリケーション領域の開発。ここでは、社会課題を起点にしたテーマを社員自らが設定し、バックキャスティング思考で解決のためのプロダクトを作っていく。

もう1つは、データプラットフォームを構築するエンジニアリング領域での支援。クラウドデータの活用を軸にした技術支援をすることで、進化を続けるデータ活用をより簡単にし、誰もが使えるようにして価値を見出していく。同社では、この2つの領域が互いに干渉し合うことで、双方のビジネスが発展していく仕組みと組織体制を作り上げている。

さらに、久米村氏は、DATAFLUCTがこれまでに公開してきたさまざまな領域のデータ活用事業(下図)を例に、目指す未来について語った。

DATAFLUCT画像提供:DATAFLUCT

久米村氏:教育、労働関係、中小企業、組織、冠婚葬祭、食料問題、旅行、物流、防災、警察、どれをとっても、今のままで良いと思えるものはありません。100年後も続いていくことを考えると、不均衡を感じてしまいます。これらすべてが、日々の意思決定と活動を積み重ねた結果の事象であることを思うと、データの活用から最適解に向かうための小さなインサイトを届けて積み上げることで、大きなインパクトを創れるはずです。

続く挑戦。「不確実性にチャレンジしていくことこそ、価値がある」

今後に向けた同社の挑戦について、久米村氏はこう語る。

久米村氏:まずは、すべての人がデータに向かえる環境を作ること。統計の知識、プログラミング、業務ノウハウ、分析環境などがすべて揃わなくても、目の前にあるデータを誰もが活用できるようになれば、データサイエンスの恩恵を多くの人が受けられ、次の時代の社会基盤を作っていけるはずです。

そして、すべてのステークホルダーがデータを共有することで、あらゆるものごとを最適化できる状況を整え、全員が未来を見据えながら日々の意思決定ができる世界を実現したいと考えています。

たとえば、経済性ばかりを重視して、「販売機会を逃すくらいであれば、多く発注しておこう」というこれまでの考え方・意思決定を続けていると、限りある資源活用に大きな負荷をかけるし、企業にとってもロスが発生します。

DATAFLUCTは「新たな価値観で見えないものを見えるようにし、意思決定において新しい視点・視座・視野を提供する」ことを目指しています。他にも、都市のデザイン、働き方、気候変動など、さまざまな領域の課題をデータの力で解決したいです。

こうした挑戦は軽視されているように感じます。それでも、「不確実性にチャレンジしていくことにこそ価値がある」と考え、事業に取り組み続けたい。自社のデータや資産を有効活用することで、こうした課題に貢献・挑戦したいと考えられている企業がいらっしゃったらぜひ今後、ともに事業を作っていきたいですね。

「サステナブルアルゴリズム」をもって、100年先を見据えた長期的な視点でデータ活用を考えるDATAFLUCT。挑戦を積み重ねた先で今後与えていくだろう社会へのインパクトを注視していきたい。

DATAFLUCT関連記事