AIでマスク着用を判定、注意呼びかけも ノーコードのIoTソフトウェア「Gravio」の新バージョンを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加


アステリア株式会社は、AI搭載IoT統合エッジウェア「Gravio」の新バージョンを発表した。2021年1月7日からの提供開始を予定している。

Gravioはセンサーやカメラからのデータ収集・解析・エッジコンピューティングによる機械制御ができるソフトウェアだ。ノーコードで全機能を設定でき、慣れていない人でも操作がしやすいのが特徴。新バージョンの「Gravio 4」は、AIカメラを使ったマスク着用有無の判定機能の搭載に加えて、レーザー型高精度距離センサーLiDAR(ライダー)を用いた距離計測センサー、文字情報などの表示に適したドット型LEDによる電光掲示板など、Gravioオリジナルデバイスのラインアップを追加する。

電光掲示板と連動して、マスクを着用を呼びかける機能も

AIカメラによるマスク着用判定機能

Gravio 4の新たな機能は以下のとおり。

  • マスク着用有無判定機能
  • 被写体がマスクを着用しているかどうか判定できる。カメラの画像情報はエッジコンピューティングで処理されるため、クラウド上への画像転送が不要となり被写体のプライバシーにも配慮している

  • Gravioディスタンスセンサー
  • 遠隔での社内や倉庫内での物の在庫管理用途を想定した、3次元レーザー型高精度距離センサー。1mm単位、最大30メートルの計測が可能なため、オフィスや工場での無人化の実現に貢献

  • Gravio LEDマトリックス
  • ドット型LEDを活用した電光掲示板。カメラやセンサーなどのデバイスが感知した情報をトリガーに、表示する既存のLEDライトに加え、ドット状に配置されたLEDで文字やアイコンを表示する

加えて、以下の機能強化を予定している。

  • Gravio CO2センサーのバージョンアップ
  • Gravio Hub 内蔵ストレージ容量を強化
  • AI専用プロセッサの追加に対応
  • 接続可能なBI(ビジネスインテリジェント)ツールを増加し、容易なデータの可視化を強化

Gravio 4は、0円で一部機能を使えるFreeプランから、顔IDが登録できるEnterpriseプラン(AI Edition Gold以上のみ)まで、多様なプランを用意している。

ユーザー数倍増をねらう

現在は3密回避ソリューションなどが好調で、Gravioは前年同期(上半期)比10倍超の増収を記録しているという。今回の機能拡充により、2021年度末には現在の倍となる2,000ユーザーへの導入をめざす。

>>プレスリリース