伊藤忠テクノソリューションズが「提供すべき価値としてふさわしい」と語るAI・IoTを簡単に実装する“Gravio”とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

※本写真撮影時のみマスク非着用



伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、2021年内に「ICTショールーム」という、同社の顧客に対してICTソリューションを体験できる場を提供しようと企画中だ。

ICTショールームに携わるのはCTCの新規事業企画を担当しているチームで、「顧客と一緒に課題や問題点、解決方法を模索する」ことを目的に、ICTソリューションを実際に試せる場にするそうだ。

CTCでは数々のソリューションベンダーと協力し、顧客課題を解決するためにICTソリューションを提供している。そのなかでもアステリア株式会社のIoT/AI搭載プラットフォーム「Gravio」は、「AIやIoTがどのようなことを自動化しているのか。AIやIoTを活用することで何ができるようになるのか。これらの点において『Gravio』は非常にわかりやすい」とCTCの担当者は話す。

そこでLedge.ai編集部はCTCに対し、ICTおよびICTショールームへの取り組みやGravioについてCTCならではの目線で話を聞いた。

「単なるAI導入だけでは数字遊びになってしまう」

まず、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 マーケティング企画部長で、一般社団法人Society5.0振興協会 特定プロジェクト推進委員長を務める米澤 政洋氏に、「AIやIoTの位置づけ」について伺った。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 マーケティング企画部長/一般社団法人Society5.0振興協会 特定プロジェクト推進委員長 米澤 政洋氏

―― 米澤氏
「当社は、システムインテグレーターとして、情報社会(Society 4.0)において必要とされるICT技術を社会ならびにお客様へ提供してきました。ICT技術の普及は、たしかに私たちの生活を豊かにしました。

その一方で、少子高齢化を背景とした労働力不足をはじめとした社会課題を解決する手段にはなり得ていないこと。デジタル・デバイドという新たな格差を生み出していること。これらを克服することこそが、Society5.0を実現するにあたり、求められていることだと考えます」

Society 5.0は、「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」と定義されている。米澤氏はそのなかでも、人間中心の社会をどのように実現させるのかについて注目しているという。

―― 米澤氏
「Society5.0の社会においてAIやIoTは、新たな価値の創出や社会課題を克服する手段のひとつとして位置付けられています。しかし、AIやIoTは決して真新しいものではなく、Society4.0の情報社会から既に技術としてあったものです。それがいまだに、社会課題の解決策となり得ていないのは、ある種のわかりづらさや、使いづらさが原因ではないかと考えています。

私は、先にお伝えしたような『人間中心の社会』を実現させていくには、Society5.0に必要不可欠であるAIやIoTを、よりわかりやすく、より具体性のあるものとして社会に提供していくべきだと考えています」

だが、同氏は「社会を変革させるにはICT技術単体では限界がある」と続ける。

―― 米澤氏
「現代社会では『DX』という言葉が多く使われるようになりました。私たちのようなICTを提供する民間企業では、これまでデジタル化やデジタルデータの利活用など当たり前のように提供してきたことに加え、ICTを導入されるお客様の組織構造や社会構造の変革検討への関与が増えてきました。

Society5.0では未来の姿を描きバックキャストで現実社会を変える概念が根底にあります。しかし、これら理想論と既存構造に対する変革の議論は、トートロジックな議論が多く、行ったり来たりして出口の無い検討が繰り返されることもあります。どちらかを選択しなければならない場面に遭遇する課題です。たとえば、『未来のために今を犠牲するのか?』『現時点の利便性を追求するのか?』などです。このような場面では、議論の入り口と結論の出口がまったく異なった論点にすり替わることもあります。

AIの特性上、社会システムで学習した最適解を活用する場合、大多数の方はその最適解にあてはまるでしょう。しかし、数%の方は納得できない最適化である可能性もあります。そこが社会システムや組織変革を伴うAI実装に難しさのひとつとも言え、単なるAI導入だけでは数字遊びとなります。

納得感のある制度やルールを変えることもセットで考えることも必要ですし、組織や社会における覚悟も成功に向けた要因になるでしょう。加えて、社会システムにおいては、市町村と住民の方の創造的協力や市民関与の概念がより一層必要になると思います」

CTCが作るのは、普段は見えないICTソリューションの“見える”場

さて、AIやIoTは、その有用性含め多くの企業や人に「便利になるもの」という認識が行き渡ったものの、実物をなかなか目にすることや手にする機会がなく、「実感がわかない」「どういうふうに使えるかイメージがつかめない」といった悩みがある。そこでCTCでは、実物を手にする機会を提供するため、ICTショールームの取り組みを企画している。

このICTショールームの取り組みに携わるCTCのプラットフォームテクノロジ第1部ビジネスプロモーション課長 久恒 圭輔氏に「ICTショールームの取り組みについてどのような背景でできあがったものなのか」、話を聞いた。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 プラットフォームテクノロジ第1部ビジネスプロモーション課長 久恒 圭輔氏

久恒氏はICTショールームの企画背景に「コロナ禍を背景とした生活様式の変化がきっかけだった」と話す。

―― 久恒氏
「ICTショールームを企画した背景は、現在もなお続く、このコロナ禍を背景とした生活様式の変化がきっかけでした。生活様式の変化は、仕事の仕方、人とのかかわり方など、多くのものが急激に変わりつつあります。

このような状況下を前向きに受け止めたときに『今までのやり方でいいのだろうか?』『私たちがどのように変わることが、これからの未来に適しているのだろうか?』と、考えることが企画を始めようとしたきっかけです。

私たちは新規事業企画を行うチームです。CTCが事業を広げていくうえで、『今、求められていることは何だろうか?』というのを常に、自分たちに問い続けながら、事業企画を推進しております。その問いかけのなかで、私たちができることをそのまま、さまざまなお客様にダイレクトにお伝えすることができないかと考え、とくにスマートシティ分野におけるICTソリューションの検討に着手しました」

続けて「ショールームは、お客様と一緒に課題や問題点、解決方法を模索するうえでベストな方法」と久恒氏はいう。

―― 久恒氏
「事業を企画するにあたり、お客様のニーズ・課題にこたえ、その解決策をもって、事業企画とするのがセオリーであり、一般的な企画方法であると考えます。一方で、いま社会やお客様が、日々今後どうしていくべきかということを模索している状況で、明確な課題、明確な解決方法があるのでしょうか。課題も、解決方法も、模索中もしくは明確になっていないことがほとんどではないかと考えております。

当社は、このような状況下において『お客様と一緒に課題や問題点、そして解決方法を模索する』ことが、いま取りえるベストな方法ではないかと考えました。そして、人が考えるときには、具体的なものがあったほうが、人は想像しやすく、そこから発展して考えることができるのではないかと考えました。そこで、ICTソリューションの体験が可能な場を提供することができないか、にたどり着きました」

CTCのICTショールームが目指すのは、「これからICTソリューションを使いたい人が、どのように使えるかなど具体例をもって考えられる場」だ。

―― 久恒氏
「私たちが提供するICTショールームは、最新のICTソリューションを体感いただき、お客様が抱える問題に適用ができないかをお客様自身が、具体例をもって考えることができる場になることを目指します。

ショールームで体感していただき、ICTソリューションが身近で、お客様にとても有益であること。ICTソリューションを提案するというよりも、お客様が使いこなす、使い倒すために、実感していただく場として、このショールームをご覧いただき、ご活用いただきたいと考えております。

また、私たちだけで、ICTソリューションを作ってきたわけではありません。さまざまなベンダー様と協力して築き上げてきました。これからも、CTCの特色を生かし、さまざまなベンダー様と、お客様にとって有益となるICTソリューションを創造すべく、日々協力をしながら新たな価値創出を進めていきます」

ショールームで体験できる「AI・IoTの要素を網羅したソリューション」とは?

久恒氏が話すショールームでは、アステリア株式会社が提供する「Gravio」を体験できるという。このGravioはすでにアシックス社などでも活用が進んでいるAI搭載IoTプラットフォームだ。
画像はアステリア株式会社のGravio公式サイトを撮影

アステリアのGravioは、ノーコードで使えるアプリケーションを使い、AIやIoTのソリューションを非常に手軽に実装できるミドルウェア。実際、Ledge.ai編集部でインターンをしている開発未経験の文系大学に属する大学生でも、30分程度で「3密検知ソリューション」を作り、また数時間で「ネットワークカメラとAI画像推論を使った人数検知ソリューション」を作ることができた。

久恒氏とともにICTショールームの企画に携わるプラットフォームテクノロジ第1部ビジネスプロモーション課 吉田 孝介氏は、このGravioについて、「AI・IoTの要素を網羅したソリューション」と表現した。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 プラットフォームテクノロジ第1部ビジネスプロモーション課 吉田 孝介氏

―― 吉田氏
「今回のショールーム構築にあたり、先ほど久恒からお伝えした理念をもとに、幅広いICTソリューションを構築できる商材を探しておりました。その中で、当社で取り扱いを開始した、AI・IoTの要素を網羅したソリューションGravioを、お客様に体感頂く商材として選択をしました。

Gravioは、サブスクリプションとして、画像認識AI、IoTセンサー、IoTゲートウェイ機器が提供されています。ICTソリューションとして、ソフトウェアやハードウェアをただ揃えられているだけでなく、セットアップから実装まで、ノーコードで行える構築のしやすさ、管理のしやすさが、大きなポイントです」

そして吉田氏はGravioを「お客様が使いやすく、使い倒せるソリューションでもある」と続ける。

―― 吉田氏
「私たちのICTショールームでGravioを取り扱うことを決めた最大の理由は、ショールームを構築する理念として掲げた『ICTソリューションを提案するというよりも、お客様が使いこなす、使い倒すために、実感していただく』を体現している商材と考えたからです。

Gravioは、単にIoTセンサーからの情報を収集するだけでなく、ほかのシステムとも連携する機能にも優位性があります。つまりは、“後付け”で対応できるというところに現場への実用性が非常に高いと判断しました。

既存でシステムをお持ちのお客様に、新たな価値創出/課題解決の手段として、Gravioはぜひともお使いいただきたいソリューションです」

Gravioは「これからのSociety5.0で提供すべき価値としてふさわしい」

CTCがアステリアのGravioを扱う理由は、実用性だけではない。背景にあったのは、AIを活用することで社会課題の解決などに期待できるからという。改めて米澤氏に話を聞いた。

―― 米澤氏
「私たちは、Society5.0を実現する技術要素として、AIの分野に注力してきました。AIは、少子高齢化に伴う労働力の減少や、社会課題に対応するための手段として期待できるためです。具体的な取り組みとして、2019年から始めているAIチャットボットがわかりやすいと思います。たとえば、新型コロナウイルスのワクチン接種。連日の報道では、ワクチン接種が進められている一方で、コールセンターがなかなかつながりづらいということを聞きます。コールセンターなどで人手介さず、必要な情報を、必要なときに応答できるAIチャットボットは、このような社会課題の解決策となり得ます。

チャットボットに続く新たな取り組みとして、AIをより具体的に活用することが期待できる画像認識AIの分野で企画・検討していました。2020年11月に、その取り組みの中で、アステリア株式会社の『Gravio』を取り扱いを開始しました」

そして米澤氏はGravioについて次のように感想を述べた。

―― 米澤氏
「Gravioの取り扱いを始めた理由は、企画・検討していた画像認識AIの要素を提供しているだけではなく、IoTの仕組みもあわせて提供していることです。AI・IoTの仕組みを実装することは、我々システムインテグレーターにとっても簡単なことではありません。しかし、Gravioは、AI・IoTすべての要素を網羅し、ワン・パッケージとして提供しているこのわかりやすさや、すぐに使える実効性が、これからのSociety5.0で提供すべき価値としてふさわしいと考えました」

CTC内でもGravioを使っており、温度やCO2、そしてメールBOXに郵便物がどれだけ溜まっているのかなどを可視化しているそうだ。また、この表示モニターはインタラクティブホワイトボード「IdeaHub」で、Gravioを組み合わせて使っているとのこと。

―― 米澤氏
「先にお伝えしたように『人間中心の社会』を実現していくには、わかりやすさが非常に重要であると考えています。このわかりやすさを補完するものとして、当社は、インタラクティブホワイトボードも提供しています。AIやIoTがどのようなことを自動化しているか、どのようなデータを取っているか、モニタリングしているかを一目でわかるようになります。また、AIやIoTを活用することで、たとえば、少子高齢化が進む地方のまちでは、ドアの開閉センサーを見守りとして使えます。さらに、オフィスの中では、人感センサーやディスタンスセンサーから、オフィスの利用状況をデータとして取得することが出来きます。海外の事例にはなりますが、公共交通機関では、監視カメラとAIを活用することで、不審物・不審者をカメラとセンサーによって早期発見することで、安心・安全に資する取り組みとして使われています。

CTCではICTショールームという形で、まずはICTソリューションがどういったものなのか。そして、何ができるのか。文字通り目の当たりにできる場を提供できるように企画しています。ICTソリューションは“触れてみて”わかることも少なくありません。ぜひともショールームに足を運んでいただき、まずは何ができるのかを知ってもらいたいと思っています」

ICTショールーム
ICTショールームは、顧客と共に市場を開拓し、ITソリューションを共創していく場です。まずは、スマートシティをテーマとして、社会課題解決を進めることでビジネスを創ることを目指します。

ICTショールームに関するお問い合わせ
アステリア「Gravio」お問い合わせ先:gravio-sales@ctc-g.co.jp
ICTショールーム問い合わせ先:tlcm-biz-contact@ctc-g.co.jp