【無料】松尾豊氏監修のAI講座「AI For Everyone」JDLAが提供、G検定のシラバスも改訂

このエントリーをはてなブックマークに追加

『人工知能は人間を超えるか』(KADOKAWA)などの著書でも知られる松尾豊さん

一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)は3月30日、ビジネスパーソン全体のリテラシー向上を目指し、新講座「AI For Everyone(すべての人のためのAIリテラシー講座)」を開講すると発表した。提供開始は2021年5月6日(木)10時から。受講料は無料。ただし、受講修了証の発行を希望する場合は別途費用が発生する。

新講座はDX(デジタルトランスフォーメーション)が進む産業界において、その基礎となる「データ×AI」のリテラシーをすべてのビジネスパーソンに習得してもらうことを目指し、まず「AIとは何か」「ディープラーニングによって何ができるか」を知ってもらうためのエントリー向けの講座と位置づけている。

新講座は人工知能(AI)の権威として知られるスタンフォード大学のAI研究者で計算機科学者のアンドリュー・ン(Andrew Ng)氏率いる、DeepLearning.AIが提供する非エンジニア向けオンラインAI講座をベースにしている。DX推進におけるAI活用の重要性と日本における活用事例などを盛り込み、AI研究の第一人者でJDLA理事長も務める東京大学大学院工学系研究科 教授の松尾豊氏が監修した。

授業形式はオンライン動画で、全6回、合計6時間程度。企業における人材研修や学習推奨コンテンツ、G検定受験の導入としての活用を想定しているという。

「G検定」シラバス改訂 AIプロジェクトの企画など追加

また、日本ディープラーニング協会は新講座の開講にあわせて、「G検定」のシラバスを改訂すると発表した。2021年7月実施予定の2021年第2回「G検定(G検定2021#2)」から新シラバスを適用する。

新シラバスには「データ×AI」の活用を企画・推進するうえで重要となるAIプロジェクトの企画や推進、評価に関する項目などを組み込み、より実践的な内容を充実させるという。DX推進を検討する企業の経営層やリーダー層、企画職の人、DXを推進する企業のビジネスパーソンに、より広く役立てられる内容としている。

新シラバスの詳細発表および、改訂シラバスに対応した公式テキスト第2版の販売は2021年4月下旬頃を予定しているという。

新サイトでは松尾豊氏と『文系AI人材になる』著者の対談も

さらに、日本ディープラーニング協会はビジネスパーソンに向けて、ディープラーニング(深層学習)のビジネス活用をより理解してもらうために、新サイト「DL for DX」を公開した。

新サイトでは、ディープラーニングを活用したDX推進事例の紹介や、「データ×AI」のリテラシー習得に関するニュース、イベントの紹介など、「ディープラーニングとは何か?」「ディープラーニングで何ができるのか?」を理解するためのさまざまなコンテンツを発信するという。

初回コンテンツとして、松尾豊氏および『文系AI人材になる』の著者としても知られる株式会社ZOZOテクノロジーズ VP of AI driven businessの野口⻯司氏による対談「DX潮流で問われる、これからの企業リテラシー 〜時代の鍵は、AIへの意識改革〜」を公開している。

【「AI For Everyone」概要】
・名称:AI For Everyone(すべての人のためのAIリテラシー講座)
・概要:AIについての基本的な概念や知識、活用を学び、理解を深める講座
・受講開始日(申し込み開始日):2021年5月6日 10時00分
・受講資格:制限なし
・実施概要:オンラインでのビデオ講座形式(全6回)
・想定学習時間:合計約6時間
・受講料:無料(※受講プラットフォームであるCourseraの受講修了証発行を希望する場合には、別途費用が発生する)

【「G検定(ジェネラリスト検定)」概要】
・名称:JDLA Deep Learning for GENERAL
・概要:ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかの検定
・試験詳細:G検定とは
・受験資格:制限なし
・試験概要:120分、小問191問(前回実績)、オンライン実施(自宅受験)
・受験料:一般1万2000円(税別)、学生5000円(税別)
・試験日:次回試験2021年第2回となるG検定は、7月17日(土)の開催を予定している。