スマホアプリで荷物のサイズを測定できるAI技術をAutomagiが開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

Automagi株式会社は4月21日、AIとAR(拡張現実)技術を活用した同社のスマホAIアプリケーション基盤技術により、スマートフォンやタブレット端末で荷物を撮影するだけでサイズを測定する技術を一部開発したと発表。これによりトラックドライバーの荷物計測などといった物流作業において今後の自動化・省略化が期待される。

物流業界の負担をAIによる技術で解決

企業の課題を解決するAIソリューション「AMY(エイミー)」を提供するAutomagiは、2019年12月に内閣府により採択された「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)第二期スマート物流サービス」において、AI技術を活用した物流サービスの簡素化を目標に開発に取り組んできた。

また、Automagiは2019年12月から、現在の物流業界の課題でもある「物流・小売業界の人手不足」や「ニーズの多様化とそれにともなう効率性の低下」を映像処理AI技術により解決すべく研究開発を進めている。

サイズ測定アプリはさまざまな物流業界へ

開発中の操作イメージ画像

アプリケーションを活用した荷姿のサイズ測定の自動化は、先にあげたトラックドライバーの荷物特定に限られたシーンだけでなく、ほかにも、コンビニでの宅配収集や倉庫管理のためのマスタデータ作成などで利用される可能性がある。

なお、2020年4月21日時点では、直方体の定型荷物に限って90%の精度での測定を実現している

開発中の三辺計測アプリイメージ動画

今後、Automagiでは2021年にかけて、スマート物流を支援する基盤技術研究およびアプリケーションの開発を進めており、将来的には現在の定型物のみの映像処理技術だけでなく、非定型物の荷物への対応拡大を目指す。

>> プレスリリース