AIで写真の空を置き換え可能に 海や川の反射にも対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

米Skylumは現地時間3月16日、無料写真編集ツール「Luminar AI」の最新版 アップデート2を提供開始した。



本アップデートで追加した機能のうち、注目すべきは人工知能(AI)を活用することで、画像上の空を自動で他の空に置き換えるものだ。同機能では海や川、湖、プールなど水面に空が反射している画像を別の空に置き換えたり、変更した空を水面に反射させたりできる。新しく挿入した空は元の画像に写っている他の風景の角度と深度に自動で適応するため、細部まで溶け込むという。

従来の編集ソフトでは、新しく挿入した空を元の画像の地平線に綺麗にそろえることが難しいという課題があった。この課題を解決するために、本アップデートでは調整機能を追加した。挿入した空の画像を反転や回転することで、より水平線に溶け込ませられるそうだ。また、空の画像のテンプレートも6種類追加した。


新規CTA

そのほか、本アップデートでは、透過PNGファイルをアップロードし、透かしやテキスト、絵文字などの特殊効果を加えられる機能や、より視覚的に分かりやすく、操作しやすいとするテンプレートも追加している。

>>ニュースリリース


新規CTA