AI学習済みモデルを開発できる無償のフレームワーク「SmallTrain 0.2.1」Jupyter Notebookをサポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Geek Guild(ギークギルド)は1月27日、オープンソースのディープラーニング(深層学習)フレームワーク「SmallTrain(スモールトレイン)0.2.1」をリリースしたと発表。データサイエンスの知識がなくても、質の高いAIサービスを運用可能な学習済みモデルを効率よく構築できるという。

今回のリリースでは、Jupyter Notebookインターフェイスをサポートした。Jupyter Notebookは、データサイエンティストがコード、方程式、計算出力、視覚化、マルチメディアリソースを、説明テキストとともに1つのドキュメントに統合するドキュメントを作成したり、共有したりできるアプリケーションだ。

ノートブックは、統計モデリング、ディープラーニングなどのデータサイエンスタスクに使用される。ユーザーがコードを実行し、何が起こるかを確認し、変更することで、データサイエンティストとデータ間の反復的な会話で繰り返せるという。

最小限のデータサイエンスのバックグラウンドで、POCだけではなく本運用を見据えた開発ができる。学習済みモデルを構築するためのプログラミングもほとんど必要ないとする。AI研究論文の最先端のアルゴリズムを使用して学習済みモデルを構築しており、TensorFlowおよびPyTorchラッパーとしても利用可能だ。

>>ニュースリリース

>>GitHub

AI学習済みモデルの開発に使える無償のフレームワーク「SmallTrain ver.0.2.0」商用利用可能

Ledge.ai編集部では、Geek Guildが2020年11月にリリースした「SmallTrain ver.0.2.0」について、過去に詳細を報じている。気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。