【2020年最新版】おすすめスマートスピーカー14選 | 仕組み・機能・選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、飛躍的に市場シェアを拡大させていているスマートスピーカー。GoogleやAmazonを筆頭に、LINEやSONYなども、各社さまざまな製品を発表しています。

2019年スマートスピーカーの世界販売台数は2億790万台に成長するといわれ、2018年の1億1400万台から、成長率は82.4%と大きく成長する見込みです。
参考:https://www.canalys.com/newsroom/canalys-global-smart-speaker-installed-base-to-top-200-million-by-end-of-2019

これらのスマートスピーカーの発展には、音声解析技術はもちろん、「Hey, Siri」や「OK, Google」などのウェイクワードに代表される音声認識の技術が大きく貢献しています。

今回は、スマートスピーカーの基本的な機能や使い方、2020年最新のおすすめ14機種を紹介していきます。

スマートスピーカーとは

Photo by yangjiepsy01 on Pixabay

スマートスピーカーとは、話し手の命令を音声認識により抽出して、自然言語処理によって指示を理解し実行する機能を有するスピーカーのことです。

Amazon AlexaやGoogleアシスタントなどに代表される音声アシスタント機能は、クラウドサービスとして構築されています。そのため、インターネットを経由してクラウドサービスに接続されているので、リアルタイムでユーザーの対応が可能です。つまり、スマートスピーカーはAIが話し手の命令を音声で認識し、クラウドサービスに接続してさまざまな情報やサービスを引き出せる製品のことを指します。

スマートスピーカーに使われている技術

スマートスピーカーが私たちの声に応対するのに、音声認識自然言語処理のふたつの技術が使われています。

まず、音声認識によって、音声データがテキストデータに変換されます。

次に、テキストデータに自然言語処理をすることで、その言葉が持つ意味を解析します。このことによって音声アシスタントは、私たちが発する音声の意味を理解し、天気を調べて教えてくれる、などの応対ができるのです。

–音声認識とは
音声認識とは、コンピュータにより音声データをテキストデータに変換する技術です。人間が言葉をそのまま理解するのに対し、コンピュータは、音響モデルや言語モデルを用いて音声を解析し、認識します
–自然言語処理とは
自然言語処理(Natural Language Processing)とは、人間の言語(自然言語)を機械で処理することです。具体的には、言葉や文章といったコミュニケーションで使う「話し言葉」から、論文のような「書き言葉」までの自然言語を対象として、それらの言葉が持つ意味を解析する処理技術を指します

スマートスピーカーが注目される理由

スマートスピーカーが注目される理由のひとつに、スマートスピーカーがVUIを搭載したデバイスであることが挙げることができます。

— VUI(Voice User Interface)とは
「VUI」とは、「Voice User Interface(ボイスユーザーインターフェース)」の略です。
声によるインターフェース、つまり、声によってあらゆる情報をやり取りすることを指します。

音声のみでデバイスとやりとりができるため、スマートフォンのフリックや、パソコンのキーボードといった入力方法の代わりになる点で注目されています。

VUIがなぜ今注目されているのか

VUIが注目される理由として「声というものが、私たち人間にとってもっとも自然なコミュニケーション方法である」ことが挙げられます。

たとえばキッチンタイマーを考えてみてください。スマートスピーカーに「タイマーを10分に設定して」と話し掛けるだけでタイマーをセットできます。電子レンジのほんのわずかなボタン操作ですら不便に思う日が来るとは、一体誰が想像したでしょうか。

また、VUIが注目されるようになった要因として、スマートフォンやスマートスピーカーが普及したことで、VUIが活躍する場、つまり音声だけであらゆるものとやりとりを行える場が広がったことが挙げられます。

スマートスピーカーの主な機能と使用法

Photo by Clker-Free-Vector-Images on Pixabay

スマートスピーカーには基本的にすべて音声で命令します。その際に必要になるのがAIを呼び出すためのキーワードである「ウェイクワード」です。Google Homeであれば「OK Google(オーケー、グーグル)」、Amazon Echoであれば「Alexa(アレクサ)」がウェイクワードです。

その後、端末に話しかけることで最新ニュースなどの情報を聞いたり、連携した家電製品などを操作したりすることが可能です。たとえば、聞きたい音楽をタイトルや歌手名などから音声検索すれば、AIが対応しているネットサービスの中から希望の楽曲を選択し、再生してくれます。

また、スマートスピーカーの中でもAmazonが販売している「Amazon Echo」やGoogleの販売している「Google Home」の場合は、音声操作でショッピングすることも可能です。

スマートスピーカーの選び方

スマートスピーカーにはたくさんの種類があるため、自分にあったスマートスピーカーを選ぶためには、それぞれの特徴を知っておく必要があります。
Photo by Arek Socha on Pixabay

おすすめなのは、自分が使いたい機能からスマートスピーカーを選ぶことです。Amazon Echoの場合、「Prime Music」などの音楽視聴のほかにも、「Kindle」や「Audible」といったサービスに対応していて、書籍を朗読してくれます。

Googleアシスタントは、GoogleマップやGoogleカレンダーとの連携が便利です。毎日のタスク管理だけでなく音声で新しく予定を追加したり、目的の場所までのアクセス方法を確認したりすることも可能です。

LINE Clovaは何といってもLINEアプリと連携できる点が最大の強みです。メッセージの読み上げや送受信はもちろんのこと、スピーカーを経由してLINE通話もできます。

外観から選ぶことも良いでしょう。最新のAmazon Echoにはディスプレイを搭載した「Echo Show」も登場し、YouTubeを再生するなど、さらに多くのことができるようになりました。また、LINE ClovaはおなじみのLINEキャラクターをモチーフにしたものが人気ですし、Googleアシスタントを搭載したSONYのスマートスピーカーは高音質でシックなデザインです。

スマートスピーカーの種類14機種紹介

Photo by Republica on Pixabay

ここでは代表的なスマートスピーカーを14機種をご紹介します。

Google Home | Google

  • Google Home
  • 出典:https://store.google.com/jp/product/google_home

    世界的な検索エンジンGoogleが誇るスマートスピーカーです。世界中から集められたビッグデータを元に、高い認識機能を誇ります。とくに2019年10月に発表された自然言語処理能力は高く評価されていて、話し言葉の持つ微妙なニュアンスにもしっかりと対応してくれているようです。スピーカーの性能が良いため高音質であることが特徴です。


  • Google Home Mini
  • 出典:https://store.google.com/jp/product/google_home_mini

    「Google Home Mini」の特徴は「サイズがコンパクトで値段が安くカラーバリエーションも選べる」ということです。「Google Home」の定価が1万5400円であることに対し「Google Home Mini」の定価は6600円です。色はチョーク、チャコール、コーラル、アクアの4色から選べます。直径9.8cm、高さ4.2cmと、コンパクトです。


  • Google Nest Hub
  • 出典:https://store.google.com/jp/product/google_nest_hub

    「Google Home」のディスイプレイ付製品。タッチパネルの搭載により、ディスプレイでの各種設定やコンテンツの選択といった音声以外の操作が可能になり、操作性や使い勝手の点で、スマートスピーカー初心者にも優しい仕様となっています。音声操作でレシピを見たり、音楽をかけたり、動画を視聴できます。

    Amazon Echo | Amazon

  • Amazon Echo
  • 出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B071ZF5KCM

    巨大ECサイトAmazonが提供するスマートスピーカーです。早くからスマートスピーカーというジャンルに注力しており、使用目的などに応じて豊富なラインナップが登場しています。ECサイトの強みを活かし、音声のみで買い物ができる点が便利です。


  • Amazon Echo Dot
  • 出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B07PFFMQ64/

    Echoシリーズの中では比較的お手頃価格。サイズも高さ43mm、横幅99mmとコンパクトでさまざまな場所に設置可能です。音楽の再生、ニュースの確認、家族や友だちとの通話、対応スマート家電の操作ができることに加え、最新モデルではLEDディスプレイを搭載し、時刻や外気温、タイマーの表示が可能になりました。


  • Amazon Echo Show 5
  • 出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B07KD87NCM/

    Amazonのスマートディスプレイ製品。5.5インチのスマートフォンサイズのディスプレイが搭載されたことで、音楽だけでなくYouTubeなど映像も楽しむことができます。

    LINE Clova | LINE

  • Clova Friends
  • 出典:https://clova.line.me/clova-friends-series/clova-friends/

    国内アクティブユーザー数8100万人以上(2019年6月時点)を誇るモンスターSNS「LINE」。そのLINEの人気キャラクターであるブラウンとサニーがモチーフとなっているのが「Clova Friends」シリーズです。現在、好評過ぎて品切れ状態が続いているミニオンズのボブとケヴィンをモチーフにした商品なども展開されています。


  • Clova WAVE
  • 出典:https://clova.line.me/wave/

    • 価格:1万4260円(税込)
    • https://clova.line.me/wave/
    • 音声アシスタント:Clova
    • ウェイクワード:「ねぇClova(クローバ)」

    まるでルームランプのようなおしゃれな外観をしたスマートスピーカーです。最大の特徴はバッテリーを搭載している点で、電源に接続していない状態でも使用が可能です。また、豊かな低音と広がりのあるサウンドを楽しめます。


  • Clova Desk
  • 出典:https://clova.line.me/desk/

    • 価格:2万8050円(税込)
    • https://clova.line.me/desk/
    • 音声アシスタント:Clova
    • ウェイクワード:「ねぇClova(クローバ)」

    LINE Clovaのディスプレイ付きモデル。7インチのディスプレイで天気や料理レシピ、歌詞などを見ることができます。また、IRと赤外線リモコンを搭載していて、リモコンを探すことなく、テレビやエアコンを操作することができます。

    その他のデバイス

  • LF-S50G |SONY
  • 出典:https://www.sony.jp/smart-speaker/products/LF-S50G/

    SONYが発売中のスマートスピーカーです。ホワイト、ブルー、ブラックの3色展開で、リビングにも寝室にもマッチするデザインが特徴となっています。フルレンジ48mm、サブウーファー53mmのスピーカーを採用し、クリアな高音迫力のある重低音を再現しています。


  • G3 |ONKYO
  • 出典:https://www.jp.onkyo.com/audiovisual/smartspeaker/g3/

    オンキヨーのスマートスピーカーです。あくまでスピーカーとしての機能を優先させているため、多くのスマートスピーカーが360°を意識した円筒形の機種が多い中、360°型ではなく、前方向に集中したデザインになっています。最大の特徴は、オンキヨー以外にもパイオニアブランドのワイヤレススピーカーとの連動が可能な点です。G3に命令することで連動したスピーカーを操作することも可能です。


  • BOSE Home speaker 500 |BOSE
  • 出典:https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/smart_home/smart_speakers.html

    世界的な音響メーカーのBOSEが販売するスマートスピーカーです。音声アシスタントはGoogleアシスタントとAmazon Alexaに対応。初期セットアップの際にどちらかをアクティベートさせて使う仕様ですが、後で変えることもできます。スマートスピーカーでよく見かける円筒形のデザイン以外に、サウンドバータイプもラインナップされています。インテリアとサウンドを両立させたい方に人気のアイテムです


  • ONE|Sonos
  • 出典:https://www.sonos.com/ja-jp/shop/one.html

    • 価格:2万3800円(税込)
    • https://www.sonos.com/ja-jp/shop/one.html
    • 音声アシスタント:Googleアシスタント、Alexa
    • ウェイクワード:「OK Google(オーケー、グーグル)」「Alexa(アレクサ)」

    音質に定評があるといわれているSonos。最大の特徴はAirPlayに対応している点。iPod/iPad/iPhoneそしてパソコンのiTunesから、Wi-Fi経由で使用可能です。さらに、複数のスピーカーをネットワーク上で結んで同時再生ができ、ステレオスピーカーとして使用することも可能です。


  • JBL LINK | JBL
  • 出典:https://jp.jbl.com/JBL+LINK+20.html?dwvar_JBL%20LINK%2020_color=White-Japan-Current&cgid=smart-speakers#start=1

    JBLが発売しているスマートスピーカーです。最大の特徴は、表面に使用されている防水生地素材と6,000mAhのリチウムイオン電池。最大10時間の連続再生が可能なので、キャンプなどのアウトドアでも活躍できます。

    音声アシスタントの今後の可能性

    Photo by StockSnap on Pixabay

    音声アシスタントの用途は広がりを見せています。今後、音声アシスタントはどのように発展するのでしょうか。

    iProspect Japan COOの渡辺大吾氏は、音声アシスタントについて「今後はユーザーが自発的に使おうとしなくてもさまざまなデバイスに搭載され、より身近な存在になる」と語っています。

    ――渡辺
    「音声は年齢、属性、業界関係なく、ほとんどの人がアクセス可能なコミュニケーションツールです。今後はスマートフォン、スマートスピーカーだけでなく、家電などにも急速に搭載されていくでしょう」

    加えて、音声アシスタントは災害対策としても活用の可能性があると渡辺氏はいいます。

    ――渡辺
    「声はコミュニケーションの中で一番物理的に伝達が速い方法です。緊急時には最も有効な手段となるはずです。災害の際にも、事前に予測してアラート発報はもちろん、避難経路や避難場所などに声でアクセスできるのが理想ですよね」

    音声アシスタントの用途が広がりを見せ、今後私たちの生活に溶け込むことで、スマートスピーカーの活躍のフィールドは一層拡大していくでしょう。