ソフトバンク、AI人材育成のため100万円を100人に 奨学金を設立

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク株式会社は10月16日、最大で総額1億円の2021年度給付型奨学金プログラム「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」(奨学金名称:JEES・ソフトバンクAI人材育成奨学金)を設立すると発表した。

それにともない、公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)が、指定の大学に2021年4月時点で修士課程1年次として在籍し、情報工学や情報科学、統計学などの分野において、人工知能(AI)に関する学修・研究に取り組む学生を対象に、2020年10月16日〜2021年1月8日まで奨学生を募集する。

ソフトバンクAI人材育成スカラーシップでは、ソフトバンクがJEESの「冠奨学金事業」に支出した寄付金が、最大100人の学生に100万円ずつ奨学金として給付される。産業の発展を担う「AI人材」の育成に貢献することを目的としたもので、学生がAIの学修・研究の道を志すきっかけになってほしいと考えているという。なお、ソフトバンクAI人材育成スカラーシップは、2019年度と2020年度に引き続き3回目の実施になる。

給付金額は1人当たり100万円(8万円/月×12カ月、一時金4万円)。給付人数は最大100人。給付対象期間は2021年4月~2022年3月。選考方法は書類選考(必要に応じて面接も実施)。応募方法は対象の大学を通して、JEESが2020年10月16日〜2021年1月8日まで応募を受け付ける。応募には2021年4月時点で在籍予定の大学の学長推薦などが必要になる。

>>ニュースリリース

ソフトバンク、孫正義氏「日本はAI後進国」発言を自ら変えられるか

ソフトバンクは、AIの研究機関「Beyond AI 研究推進機構」を、ソフトバンクグループ株式会社、ヤフー株式会社、国立大学法人東京大学(東大)と設立するなど、AIのさらなる普及と発展に向けて取り組んでいる。

Ledge.ai編集部では、ソフトバンクの担当者に同研究機関について、「Beyond AI 研究推進機構の設立は、孫正義氏による『日本はAI後進国』発言を踏まえたものなのか?」や「投資金額は10年間で最大200億円と膨大な金額だが、なぜこの金額をつぎ込むのか?」など、質問をぶつけてみた。

回答が気になる人は、以下の記事をチェックしてほしい。