ソフトバンク、AI自動追尾カメラで無人撮影 ほぼリアルタイムで再生

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク株式会社は11月5日、協賛した「2021世界体操・新体操選手権北九州大会(※)」で株式会社テレビ朝日に対して映像に関する技術協力をしたと発表。

(※)体操:2021年10月18~24日、新体操:10月27~31日

AI(人工知能)による自動追尾カメラを複数台使用し、新体操の演技のアルチアングル映像を無人で撮影したほか、鉄棒の演技を合計20台のカメラで撮影し、見どころのシーンをさまざまな角度から視聴できる自由観点映像を生成した。

AI自動追尾カメラは、AIが演技する人物を認識して、最適な構図になるように、かつ独自アルゴリズムでスムーズにカメラを自動的に動かす。カメラマンがいなくても高品質な映像を撮影できる。撮影した映像は、超低遅延技術により、会場内の一部に設置したタブレットで、ほぼリアルタイム(0.1〜0.3秒の遅延)で再生した。

(AI自動追尾カメラのイメージ)

(超低遅延技術のイメージ)

自由視点映像は、会場に設置した合計20台のカメラで撮影した映像をもとに生成。鉄棒演技で披露する高難易度の技などをさまざまな角度から視聴できる。

顔と全身をスマホで撮影するだけで3Dアバターを作成する技術を活用し、作成したアバターに体操演技のモーションを加えて、アバターがAR(Augmented Reality、拡張現実)で迫力ある体操演技をするコンテンツも提供した。作成した映像は、スマホでさまざまな角度から演技を視聴できる。

これらの技術を活用して撮影した映像の一部は、テレビ朝日の大会中および報道番組、情報番組で放送され、臨場感ある映像体験を視聴者に提供した。

>>ニュースリリース