ソフトバンク、AI活用人材を育成する高校生向け教育プログラム「AIチャレンジ」2022年4月提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「AIチャレンジ」特設サイトより

ソフトバンク株式会社は10月20日、高校生を対象としたAI活用人材を育成する教育プログラム「AIチャレンジ」を2022年4月から提供開始すると発表した。

本プログラムは、国内でAIを活用できる人材が不足しており、若手人材の育成が急務である状況を踏まえて、高校生を対象にAIの基礎や仕組みを実践的に学べる教育プログラムを提供し、AIを活用できる人材育成に貢献する取り組み。

高等学校でのプログラム教育の必修化にともない、2022年4月に開始される高等学校情報賀「情報Ⅰ」「情報Ⅱ」の導入を見据えて、全国の高等学校の授業で採用できる「AI活用リテラシーコース」と「AI活用実践コース」の二つのコースを用意している。

「AI活用リテラシーコース」

ソフトバンクのグループ企業における事業の実例をもとに、AIの基礎知識を学習して理解した後に、AIを用いた課題解決の方法を学習者が自ら考えるという内容で、「情報Ⅰ」の科目に対応する。

学習者が考えた課題解決の方法に対して、ソフトバンクのグループ企業の実務者が、実際の事業におけるアプローチ方法などをもとにして、実践的なアドバイスと講評をする。

「AI活用実践コース」

「情報Ⅱ」の科目に対応しており、情報科学に特化した学科を持つ高等学校での導入も可能。本コースでは「AI活用リテラシーコース」の内容に加え、演習テーマに沿ったAIモデルを作成し、ウェブサービスや人型ロボット「Pepper」などに実際にAIを組み込むことで、学校や地域社会における身近な課題の解決を目指す。

教材には、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社から社会貢献活動の一環として特別価格で提供される予測分析ツール「Prediction One」を含む、「識別系」「予測系」「会話系」の複数の最先端AI構築環境を使用する。有償オプションで、ソフトバンクのスタッフが教員の授業をオンライン上で支援する「オンライン授業サポート」も用意している。

本プログラムの教材は、株式会社ZOZO NEXTの取締役CAIO(Cheief AI Officer、最高AI責任者)としてさまざまなAIプロジェクトを推進するほか、一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)の人材育成委員や各企業・団体のAIに関するアドバイザーとして幅広く活躍している野口竜司氏のアドバイスのもと、独自に開発した。

開発にあたっては、2021年4月から「AIチャレンジ」の特別協力校となった全国の7校においてトライアルを実施した。参加者に教材の難易度や理解度などについてヒアリングし、教育現場の意見をプログラムに反映している。教員向けのサポートも充実しており、研修動画の提供や、教員向けの専用問い合わせ窓口で授業の進め方などの相談に応じる。

「AIチャレンジ」で学べる4つのAIタイプ

【「AIチャレンジ」の概要】

  • 提供開始時期:2022年4月(予定)
  • 申し込み受付開始時期:2022年1月(予定)
  • 対象機関:高等学校、特別支援学校(高等部)を運営する自治体および法人
  • 契約期間:申し込み申込日から1年間
  • 費用:「AI活用リテラシーコース」1校あたり年間13万2000円(税込)
       「AI活用実践コース」1校あたり年間29万7000円(税込)

>>ニュースリリース