ソフトバンクとコニカミノルタが協業 AIやIoT活用の映像・画像解析で防災分野へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク株式会社とコニカミノルタ株式会社は4月1日、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用した映像・画像解析領域における戦略的協業に合意した。まずはデジタル防災・スマートシティの分野に取り組む。

今回の協業では、2022年度上期(予定)からソフトバンクのAI映像解析プラットフォーム「STAION(スタイオン)※1」とコニカミノルタの画像IoTプラットフォーム「FORXAI(フォーサイ)※2」を相互接続する。法人顧客やパートナー企業はそれぞれのプラットフォームに対応したAIモデルや各種デバイスのなかから、最適なものを組み合わせてシームレスに利用可能になる。

※1「STAION」は業務の自動化・効率化、生産性・安全性の向上、マーケティング、人流分析、見守り、防犯などの多様な用途を想定して、ソフトバンクが独自に開発したAI映像解析プラットフォーム。AI映像解析機器を一括管理・運用し、「STAION」と連携するAI映像解析機器とネットワークカメラを接続したり、「STAION」と連携するAIカメラを活用したりすることで、AIによるカメラ映像の解析結果を活用した各種サービスを「STAION」を通して利用できる。

※2「FORXAI」は、さまざまな職場や現場が抱える課題を可視化し、解決することで、DX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させることを目的として開発した画像IoTの共創型統合プラットフォーム。コニカミノルタの技術に加え、パートナー企業のさまざまなIoTやAIの技術で構成される。

具体的には、ソフトバンクが開発中のAI映像解析機器に、コニカミノルタの画像を中心とした高速・高精度なAI処理の技術群「FORXAI Imaging AI」を実装することで、法人顧客などはより高速・高精度なAI映像解析機器の利用できる。コニカミノルタのデータ入出力・処理デバイス群「FORXAI Edge Device」を、ソフトバンクの「STAION」やAI映像解析機器に接続しても利用可能。

まずはカメラやセンサーを活用して、河川の監視や災害発生時の避難所の混雑状況の可視化など防災ソリューションを開発し、2022年度中に自治体などへ提供して社会実装することを目指す。将来的には、物流や製造、建設、介護、医療、小売りなどの幅広い領域で、社会課題の解決に貢献するソリューションの開発と提供に取り組むという。

>>ニュースリリース