ソフトバンク、AIの映像解析で工場の作業を可視化 人的リソースを大幅に削減

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク株式会社と住友電気工業株式会社(住友電工)は6月9日、5G(第5世代移動通信システム)を活用する映像伝送と人工知能(AI)を用いた映像解析により、工場の作業を自動的にリアルタイムで可視化する実証実験を実施した。作業の分類や作業時間の集計にかかっていた人的リソースを大幅に削減できたという。

今回の実証実験では、住友電工の工場内に高精細カメラを4台設置して作業の様子を撮影し、その映像をソフトバンクの5Gネットワークを利用して、住友電工のデータセンター内のクラウドサーバーに伝送。

伝送した映像をAIで解析し、作業の分類や時刻との照合などをしたうえで、住友電工が独自に開発したソフトウェアが個々の作業のタイムチャートを生成することで、作業を自動的にリアルタイムで可視化した。

本ソフトウェアは1日ごとの目標時間と実際の作業時間を分析し、自動でグラフ化もできる。

本実証実験では「高速・大容量」という特長を持つ5Gを活用することで、複数台のカメラで撮影した高精細な映像を、常時遅延なく安定して伝送できることを確認したという。

5Gネットワークの利用には、住友電工が開発した産業用5G端末(※1)を使用した。同端末を使うことで、工場内に新たなネットワークを構築する必要がないため、ネットワークの整備にかかる負担を軽減できるとする。

(※1)5Gを活用した高速通信に対応し、工場設備などと接続するための多様な接続インターフェースや、端末でのデータ処理を可能とする端末エッジ機能を備えた端末。

実証実験の結果、手動での作業時間の計測・集計や作業の分類にかかっていた人的リソースを大幅に削減できた。作業者は目標時間と実際の作業時間の差分を確認し、効率性を意識して作業に取り組むことが可能になった。

作業時間のグラフをクリックすることで、該当する日付の作業映像を再生し、作業の遅延が発生した箇所を特定して原因を分析できる。速やかに作業の改善や効率化を図れるため、工場の生産性の向上につながるとうたう。

>>ニュースリリース