「今AIをやらない人は、自分の仕事に向き合っていない」ソフトバンクワールドで孫正義が語ったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクは7月19日、ソフトバンクの技術の粋を集めたカンファレンス「SoftBank World 2018」を開催しました。

基調講演にはもちろん、ソフトバンクグループ代表兼会長 孫正義氏が登壇。果たしてそこで孫氏は何を語ったのか、お伝えします。

AIによる産業の再定義が起こる

孫氏によれば、現在のAIは、これまでの人間が生きてきた中で一番大きな「革命」であるといいます。

――孫
「シンギュラリティはもうひとつのビッグバンです。人間の知能をAIが超えた時に超知性が生まれる。そしてこの超知性によって、すべての産業が再定義されます。まさに人間が生きてきた中で一番の『革命』であると言えるでしょう。」

AIは、人間がこれまで生み出してきた多種多様な産業を根本から再定義してしまうものであるということ。

AIの進化によって、人間ではできないようなさまざまな演算処理が可能になりました。孫氏は、このような演算はエッジとクラウドの両輪の進化で成り立っているといいます。

――孫
「ARMを買収したとき、なぜソフトバンクがいまさら半導体の会社を買収するんだ、と言われました。

しかし、これこそがソフトバンクが創業当初から掲げている『情報革命で人々を幸せに』という理念の実現にもっとも必要となるもの。ARMのチップはAIのエッジ側の処理に欠かせません。」

そう言って孫氏が発表したのは「Project Trillium」。


高い効率性を維持しつつ高速の演算処理をおこなうチップを開発し、すべてのデバイスに実装する。
――孫
「このARMの機械学習機能を積んだチップを、2030年までに1兆個出荷します。世界中のありとあらゆるデバイスにARMのチップを入れるために、今から事業計画を立てています。」

また、このチップと、TensorFlowやCaffeなどの機械学習フレームワークとの連携を強化していくとのこと。これにより、エッジ側におけるAIのコンピューティングパワーはさらに加速するといいます。

――孫
「ARMの買収は、オセロで言えば4つ角の一角をとったようなもの。エッジに加えてクラウドの進化が掛け合わされば、AIの進化は2次曲線的に伸びていきます。」

――孫
「人間の能力は本当にAIに抜かれたのか、何を、誰を抜いたか、というのは、私に言わせれば誤差の範囲です。どうでもいい。

大事なのは、全体としてその方向に向かっていること。一度AIに抜かれたらもう元には戻れません。それには当然、備えなければいけない。そう分かっているなら1日でも早くやる人、企業が勝ちます。それが分かっていてできていないのであれば、それは自分の仕事を真剣にやっていないということです。」

まさにAIを制するものが未来を制するということ。分かっているのにやっていないのは、自分の仕事を真剣にやっていないから。耳が痛いです。

孫氏は、インターネットが普及し今では当たり前になっていますが、10年以上前インターネットが勃興し始めたとき、バカにして真剣に取り合わなかった人たちを例に出していました。

10年後には確実に当たり前になるAIに向けて、動くべきときはまさに「今」だということを再認識する必要があります。

ソフトバンク自身も再定義する「AI群戦略」

講演ではさらに、ソフトバンクがこれから向かう方向性について話されました。ソフトバンクがこれから取るのは、「AI群戦略」だと孫氏は言います。

――孫
「今、ソフトバンクは世界中のAI企業の筆頭株主になり始めています。これによって各産業にキラーカンパニーを作ります。

10年後には、全産業領域にソフトバンクファミリーのグーグル・アマゾンを生み、ソフトバンクグループが300年成長し続ける組織構造を作っていきます。」

今GAFAと呼ばれている4つの巨大インターネット企業も、Amazonはショッピング、Googleは検索エンジン、というように、インターネットを個々のサービスを強化するために使ってきました。

それをAIという横串を通し、全産業で再現しようとするこの戦略。実現したらと考えるとゾッとしますね(そしておそらく近い形で実現する)。

――孫
「AIを利用することのメリットは、判断のスピードが早くなることです。次に何をすべきかを『推論』できる。これができれば、今の人々の悩みを解決できます。事故、病気、お金……。AIは金儲けのためではなく、人々の幸せのために使われるべきだと私は考えています。」

孫氏はまた、日本の最新技術を受け入れる姿勢についても言及していました。

――孫
「日本ではライドシェアやオンライン医療などが法律で禁止されています。

確実に来る未来が見えていて、かつ他国もそこに注力していて、このままでは負けるというときに、古い産業を守るためにみすみす法律で規制しているのは馬鹿げています。」

過去を守り未来を見捨てることに対する、痛烈な批判。たしかに、Uberとタクシー業界の対立の問題などを見ても、新しい業界と既存の業界の対立は避けられないもの。

日本は既存の業界を守る方向に寄りすぎているのかもしれません。特定の業界を守るかどうかではなく、マクロで見たときの日本にとっての利益を議論すべきですね。

AIを3時間語り尽くした孫正義

講演を聴く前は、今回はあくまでソフトバンクの戦略の話がメインで、AIの話はそのごく一部だろうなと予想していました。しかし、蓋を開ければ「AIを制するものが未来を制する」の言葉通り、今後の戦略すべてをAIに全振りした、まさに「AI群戦略」のための圧巻の講演。

講演では、ソフトバンクが出資している

  • 交通
  • 自動運転
  • 製造業
  • ヘルスケア
  • 金融・決済

など、さまざまな領域のトップ企業も登壇し、サービスを紹介していました。圧倒的な幅の広さを感じると同時に、ソフトバンクが「AI群戦略」の実現に向けて着々と動いていて、10年後には確実に実現させる。そんな覚悟を感じた講演でした。