大阪府堺市泉北ニュータウン地域でデマンド交通サービスの実証実験を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

双日株式会社は2023年1月11日、デマンド型乗合交通サービス(※)の実証事業「NANKAIオンデマンドバス」に参画すると発表した。泉北ニュータウン地域において1月10日から3月10日までの期間で、南海電気鉄道株式会社、南海バス株式会社、堺市とともにおこなわれる。同実証事業は大阪府AIオンデマンド交通モデル事業に採択され、その補助金を活用したものだ。
(※)路線を固定せず、利用者の予約に合わせて運行する乗合交通システム

予約状況に応じて最も効率的なルートをAIシステムで提供

同実証は、堺市南区の泉北ニュータウン地域内の桃山台と鴨谷台の2地区(計26停留所)、および泉北高速鉄道線の光明池駅、栂・美木多駅、泉ケ丘駅の3駅に停留所を設置し、住民の外出促進や、目的地までの移動の利便性向上、新しい交通手段の創出を目指すもの。

今回開始するサービスは、予約状況に応じて最も効率的なルートがAIシステムで提供され、利用者は電話やWebから乗車の予約が可能という。

実証の概要

「NANKAIオンデマンドバス」
運行期間: 2023年1月10日(火)~2023年3月10日(金)
運行エリア: 泉北ニュータウン地域内の桃山台と鴨谷台の2地区、
および泉北高速鉄道線の光明池駅、栂・美木多駅、泉ケ丘駅
運賃: 200円/回 ※泉ケ丘駅発着の場合:300円/回
事業主体: 南海電鉄
運行主体: 南海バス

■双日株式会社
https://www.sojitz.com/jp/

>>ニュースリリース