ソニー損保の自動車保険、AIが安全運転だと判断したら保険料最大30%キャッシュバック

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー株式会社、ソニー損害保険株式会社、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は3月18日、AIを活用した運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE(グッドドライブ)」を同日3月18日から販売することを発表した。

グッドドライブは、事故リスクおよび提言方法をドライバーに提示するとともに、保険料のキャッシュバックというメリットを提供することで、ドライバーに行動変容を促す。





>> GOOD DRIVE公式サイト

事故リスクが低いドライバーに保険料をキャッシュバック

販売開始する自動車保険グッドドライブは、運転の仕方に応じて変化する「運転特性データ」を計測し、その計測データと事故との相関から事故リスクを推定したうえで、事故リスクが低いドライバーに保険料の最大30%をキャッシュバックする保険サービスだ。

GOOD DRIVEアプリとGOOD DRIVEデバイス

公式サイトに記載のモデルケースによれば、支払う保険料が6万3210円だった場合、30%キャッシュバックを受けると実質4万4240円になるという。

運転特性データの計測と事故リスクの推定にはそれぞれ、スマートフォンの専用アプリとクラウドコンピューティング環境の双方に搭載した独自のAIアルゴリズムが用いられる。専用アプリは、エンジンのオン・オフに連動して運転を自動で計測する。

運転特性とは、アクセル、ブレーキ、ハンドル、スマートフォンの操作状況を指す。そして、運転時に評価される項目は以下の7つだ。
・急アクセル
・急ブレーキ
・急ハンドル
・GOODアクセル
・GODDブレーキ
・GOODハンドル
・走行中のスマートフォンの操作

評価項目の回数を、走行時間で割った頻度をもとに運転スコアを計算する。急アクセル、急ブレーキ、急ハンドル、走行中のスマートフォンの操作の頻度が高ければ運転スコアは下がり、GOODアクセルやGOODブレーキ、GOODハンドルの頻度が高くなればスコアは上がる傾向にある。

専用アプリに搭載しているAIアルゴリズムは、スマートフォンの加速度センサーやジャイロセンサー、GPSから得られたデータを元に、運転中のスマートフォンの置き場所に関係なく運転特性データを計測する。走行中の社内でスマートフォンの位置が変わっても高精度な計測が可能だ。

契約後に送られる専用デバイスを車にセットする。専用デバイスを契約車両のアクセサリーソケットに挿入すると、車の運転中はBluetoothの電波がスマートフォンに発信される。専用デバイスにはUSBポートがあるので、スマートフォンの充電も可能

推定される事故リスクは、計測された保険契約中の全運転特性データをクラウドコンピューティング環境に集約し、ソニー損保が保有する事故データと関連づけて作成した予測モデルによって算出される。また、個々の運転特性に応じて、事故リスクを低減させるためのアドバイスが提示されるため、ドライバーは、次の運転時からすぐに改善に取り組める仕組みも搭載されている。

販売に先駆けて実施していた実証実験では、運転スコアと運転アドバイスをスマートフォン上に提示した。その結果、事故リスクを15.3%低減させている。

運転スコア向上のためのアドバイスもスマートフォンで確認できる

なお、キャッシュバックを受けるには
・保険始期日より270日以上が経過していること
・累積の計測時間が20時間以上であること
・キャッシュバックが0%でないこと
これら3つを満たすことが条件になっている。

また、グッドドライブは、ソニー損保の自動車保険に特約(特約名:やさしい運転特約)をセットした商品だ。なお、グッドドライブへの申し込みはスマートフォンからのみとなっている。

>> プレスリリース

AIなどによって高齢ドライバーの運転技能を判定する

AIを使って、自動車運転の安全性を高める取り組みはいくつかの企業で始まっている。

たとえば、オムロン株式会社と近畿大学は2月13日に「リアルタイム運転技能診断システム」の実証実験の開始を発表した。教習所向けのプロダクトとなっていて、70歳以上の免許更新時に実施される「高齢者講習」における実車指導時に活用される見込みだ。

発表されたリアルタイム運転技能診断システムは、車両に取り付けたオムロンのドライバー安全運転管理サービス「DriveKarte」と近畿大学理工学部 多田准教授と共同開発したもの。

DriveKarteのカメラやセンサーから出力されるドライバー画像、位置情報、加速度などの情報を組み合せて、リアルタイム運転技能診断システムが自動で運転技能を評価する。危険運転を検知した場合、音声によってリアルタイムで通知する仕様だ。

オムロンらが取り組む技術は、教習所向けのもの。今後は、人による指導に加えて、機械の客観的な判定による指導によって、高齢ドライバーへの指導力向上が期待されている。また、教官(指導員)の負担軽減も見込まれているそうだ。