ソニー、AI彼氏から束縛めいた返信が届く 期間限定のプロジェクト開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは3月25日、Twitter上でソニーの対話AI技術で構築したキャラクター「新藤暁(シンドウアキ)」から少し束縛めいた返信が届く「束縛彼氏」プロジェクトを開始した。期間は4月27日(火)23時59分まで。



「束縛彼氏」は「新藤暁」の公式Twitterアカウントをフォローし、メンション(@SKBK_official)とハッシュタグ(#束縛彼氏)をつけてツイートすることで、少し束縛めいた返信が届くというプロジェクトだ。

「新藤暁」は都内の大学病院大病院に勤める29歳の小児科医。最近、気分転換をかねてTwitterを始めたといった設定だ。そのほか、詳細は以下のとおり。
・身長:178cm
・体重:65kg
・出身:東京都
・血液型:A型
・誕生日:12月24日

本プロジェクトは、ソニー・ミュージックソリューションズとソニー株式会社が共同開発する「束縛AI対話システム」を基に開発した。シナリオベースの対話と機械学習による対話を組み合わせることで、幅広い対話を実現するという。


新規CTA

シナリオベースの対話により、専属のライターがキャラクターの個性を際立てるエモーショナルな対話ができるという。加えて、口語主体の多様な言い回しや話題に対応するために、深層学習を用いた機械学習での応答にも対応した。

表現したいキャラクターのセリフを追加で学習することで、キャラクターの個性を反映させられるとしている。

>>ニュースリリース


新規CTA