無料でIoTデバイスを貸し出す「自分で学べるIoT通信講座」8月31日まで、専門家への質問も可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ソラコムは8月31日まで、IoTデバイスの貸し出しやIoT開発手順書の提供によってIoTの学習をサポートする「​自分で学べるIoT通信講座」を開催する。

IoT活用に精通したDX人材へのニーズが高まる一方、IoTを活用するには、デバイス・通信・インフラ・アプリケーションなど複数の専門知識が必要となる。そのため、初心者には学習のハードルが高いとする声があったという。

ソラコムが開催する「​自分で学べるIoT通信講座」では、初心者でも比較的始めやすいデバイスを申し込み者に貸し出す。加えて、開発方法を解説した手順書「IoT DIYレシピ」も提供する。デバイスの貸出期間は約2週間であり、講座の開催期間中は、専門家に質問ができる「IoT相談室」も用意している。いずれも無料で参加可能だ。

貸し出しデバイスは「GPSマルチユニットSORACOM Edition」「IoT 体験キット〜簡易監視カメラ〜」「Grove IoT スターターキット for SORACOM」の3つだ。

・GPSマルチユニットSORACOM Editionは、ブラウザの操作のみで、温度、湿度、位置情報、加速度、4つのセンサーからのデータを自在に収集から可視化まで体験できる商品。充電式のバッテリー内蔵で電源を入れるだけでどこでも使えるという。

・IoT 体験キット〜簡易監視カメラ〜は、IoTデバイスとして個人、業務用途で利用が進むマイコンボードRaspberry Pi(ラズベリー パイ)と、USB型ドングルAK-020、USBカメラをセットにした簡易監視カメラキット。

・Grove IoT スターターキット for SORACOMは、IoTの用途でよく使われる7種類のはんだ付けが不要なセンサーとマイコン、モジュールが載っており、Arduino IDEで開発が可能なIoT体験キット。

>>プレスリリース