SAR衛星データを用いた自動解析AI開発コンペティション開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

衛星データ解析システムの開発を手がける株式会社スペースシフトは2022年11月28日、株式会社リクルート協賛のもと、SAR衛星データを用いたAI開発とそれを利用した事業提案コンペを開催すると発表した。

衛星データのAI自動解析技術

同社は、地球観測衛星のうち、特に合成開口レーダー(SAR)衛星から得られるデータを、AIによって自動解析する技術を開発している。

合成開口レーダー(SAR: Synthetic Aperture Radar)衛星は、衛星自ら地上の対象物に対して電波を照射し、対象物からの反射情報から地表面を観測する。モノクロ画像であるため視認性は低いものの、曇天時や夜間でも観測可能であり、対象物の構造や材質等を特定できるのが特徴である。

SAR衛星は光学衛星と異なり、衛星から発するマイクロ波の反射により地表を見るため、独特なノイズがある画像になり、地表の様子を判読するためには特殊な知識を必要とする。専門家でも判読が難しいとされるSAR衛星のデータを、同社の開発するAIによって解析することで、これまで人の目では認知できなかった地球の様子を捉えることが可能になるとのことだ。

コンペティション開催の背景

同社は、今後より一層拡大していく衛星データ利活用の時代に向け、人材の育成や産業の拡大を目的とした様々な企画を行っていく。その第1弾として、リクルート協賛のもと、SAR衛星のデータを用いたAIの開発とそれを利用した事業提案コンペを開催することとなった。

リクルート社でも、地方創生を目的とした農業支援活動に取り組んでおり、既存のサービスをより便利なものにしていくため様々なデータの利活用を進めている。

このような背景のもと、農作物の育成状況を人工衛星データを使って推定するAIの開発コンペを開催することとなった。

■コンペの概要
テーマ:キャベツ畑のSAR衛星データから、植物の植生指数であるNDVIを推論してみよう
賞金:最優秀賞として賞金20万円ほか
応募締切:2023年1月30日
申込はイベントページより:https://connpass.com/event/264630/

※コンペ詳細など説明を含む開催発表会の模様が動画で配信されている
配信URL:https://www.youtube.com/watch?v=_AyB9MH-6Vs

>>ニュースリリース