基調講演に為末大氏、特別講演にはスプツニ子!氏が登壇決定!「今」のAIを存分に語る、「THE AI 2018」の全登壇者を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

レッジが、1月31日(水)六本木アカデミーヒルズにて開催する「THE AI 2018」。

「未来ではなく、今のAIを話そう。」というコンセプトのもと、登壇企業にはAIのビジネス活用の「今」にフォーカスし、思う存分語ってもらう予定だ。今回は、登壇企業のスピーカー及び内容を、簡単ではあるがご紹介したい。

基調講演に為末大氏、特別講演にはスプツニ子!氏を招聘

今回、ゲストとして、元陸上競技選手で、現DEPORTARE PARTNERS代表を務める為末大氏、アート、テクノロジーなどさまざまな分野で活躍するスプツニ子!氏の両名を招聘した。下記がその講演内容だ。

為末 大
DEPORTARE PARTNERS代表
スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者にして、Sports × Technologyに関するプロジェクトを行うDEPORTARE PARTNERSの代表を務める。著書に『走る哲学』。

基調講演:「AI時代における人間の価値」
AIによる単純作業の代行、複雑なデータの解析など、その活用範囲が着々と広がっている“今”。スポーツを通じて自己や他者を理解しようとしてきた為末大が、AIの更なる実装のために必要な“人間理解”について語る。

スプツニ子!
アーティスト
東京大学生産技術研究所RCA-IISデザインラボ特任准教授。元マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ助教(2013年~2017年)デザイン・フィクション研究室主宰。著書に「はみだす力」、共著に「ネットで進化する人類」(伊藤穰一監修)など。

特別講演:クリエイティブ領域における技術革新とAI
スピーカー:スプツニ子!・レッジCMO中村
技術革新により大きく変わろうとしているクリエイティブ領域のワークフロー。AIと人間が協業し相互に補完しあう新たな思考プロセスとは何か?アートとクリエイティブ、そして人間の脳の役割を軸に深掘りする。

登壇企業は全9社。「今」のAIを語るスピーカーたち

日本マイクロソフト株式会社


畠山 大有(はたけやま だいゆう)
プリンシパルソフトウェアデベロップメントエンジニア
最新技術を必要とするプロジェクトの技術的な支援と、その学びを共有するためにセミナー登壇などを行う。技術面ではコンテンツ(動画、Search含む)関連、Big Data、AI/Machine Learning 関連を得意とする。

登壇内容:Microsoft AI Platform – ビジネスでAI活用するためのヒント
機械学習/AIについてのニュースを聞かない日はないくらい、多くの研究・活用例が出始めている。現状、どう使いやすくなってきているのか、それはツール・サービスなどの充実感から理解できる。このセッションでは、最新のMicrosoftのAI技術を例に、その採用事例などから、具体的にご自分のビジネスのどこでAIが利用できるのかを考えるヒントとなる情報を紹介する。

株式会社リクルートテクノロジーズ

石川 信行(いしかわ のぶゆき)
シニアマネジャー
2009年リクルート新卒入社。グループ横断でデータの解析・利活用を推進するデータテクノロジーラボ部を指揮。

登壇内容:リクルートにおけるAI活用とビジネス貢献の勘所
「AI」と称される機械学習や深層学習のアルゴリズム群。ビジネスに適用する勘所はどこにあるのか。具体例とともに語る。

株式会社サイバーエージェント


馬場 惇(ばば じゅん)
AI Lab 研究員/大阪大学 招聘研究員
研究組織 AI Lab の接客対話の研究に従事。大阪大学の石黒研究室との共同研究講座を主導。

岩本 拓也(いわもと たくや)
ロボットサービス事業部 主任研究員
学術的な研究からビジネス化まで携わる。専門はHCIとDating Science。

登壇内容:人をAIが接客する世界
ロボットやチャットボットは我々の感情やコミュニケーションにどんな変化をもたらすのか。阪大の石黒教授との共同研究も紹介する。

株式会社NTTドコモ

羽矢崎 聡(はやさき さとし)
ecコンシェル セールスマネージャー
セールス・アライアンス統括リーダー/コンサルタントとしてECサイト改善を支援している。

登壇内容:AIで実現する高速PDCA時代のweb接客
PKSHA Technologyと共同開発のAIを搭載したecコンシェルで、どのようにweb接客を改善するかを紹介する。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 / ソニー株式会社

小林 由幸(こばやし よしゆき)
シニアマシンラーニングリサーチャー
1999年ソニーに入社。機械学習技術の研究開発をはじめ、近年ではディープラーニング関連の技術・ソフトウェアの開発に従事。

登壇内容:ソニーのディープラーニングツールが変えるAI開発
ソニーは2017年、より直感的により効率よくAIを実現できるディープラーニングツールとして「Neural Network Console」をリリースした。ソニーグループでの事例を交えながら、効率的なAI開発と活用方法について紹介する。

株式会社電通


児玉 拓也(こだま たくや)
事業企画局 チーフ・プランナー
2007年電通入社。本年より立ち上がった社内横断組織「AI MIRAI」の推進役として、20以上のAI開発案件に関わる。

登壇内容:AIは「顧客体験」をどう変えるか
AI技術活用の次フェーズは「顧客体験価値」の変革である。電通が取り組むさまざまな事例を通してAI活用の「少し未来」を探る。

株式会社NTTドコモ


小林 拓也(こばやし たくや)
イノベーション統括部 クラウドソリューション担当
docomo Developer supportの運営を経て、現在はチャットボット作成・実行プラットフォーム「Repl-AI」のチームリーダーを担当。

登壇内容:チャットボットの今と今後の可能性について
活用事例を通して、チャットボットの現状を紹介する。また、ほかの技術と組み合わせたチャットボットの今後の展開を模索する。

株式会社ブレインパッド

若尾 和広(わかお かずひろ)
ソリューション開発 営業マーケティング部長
株式会社ブレインパッドにて監視カメラを活用した店舗支援システムやBIシステムの開発に従事。

登壇内容:RPAはAIの夢を見るか?
本講演では現在のAIに関する技術の実際と、RPAを始めとするロボティクス技術とAIを組合わせた時の可能性について語る。

綜合警備保障株式会社


干場 久仁雄(ほしば くにお)
商品サービス企画部 次長
沖電気工業、日本ルーセントテクノロジー(現:ノキア)、インターネット総合研究所、ウィルコムにて通信システムの開発、企画、事業開発に従事。2010年に綜合警備保障(株)に入社し、ユーザー企業の立場から情報通信技術の利活用を推進中。オープンイノベーション、スタートアップ支援も担当。

登壇内容:ALSOKのAIへの取り組み
AI・4K・5Gが実用化を迎える2020年に向けた警備業のICT活用の現在の取り組みについて概説する。

株式会社 Cogent Labs

David Malkin(デイビット・マルキン)
AI アーキテクト
ユニバーシティ カレッジ ロンドン 機械学習修士号及び博士号保持、さまざまなディープラーニングプロジェクトを経験。

登壇内容:コージェントラボのAI研究とビジネスの接合
AIのリサーチャーとエンジニアが14ケ国から日本に集まり、どのような研究からサービス生み出しているのかを発表する。

ぜひ会場で、「今」のAIを語ろう

自惚れを抜きにしても、非常に豪華な顔ぶれが揃ったと思う。12日までなら早期割も効く。ぜひ会場に足を運んで、「今」のAIを思う存分学んでいただきたい。チケットは下記から。

>>チケット販売サイト