無料でデータ分析の基礎を学べる統計学講座 滋賀大学データサイエンス講師などが担当

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は『「統計学Ⅰ:データ分析の基礎」講座PV ~ gacco:無料で学べる大学講座』より

オンライン講座サイト「gacco(ガッコ)」では4月14日から、「統計学Ⅰ:データ分析の基礎」が開講される。受講料は無料。

『「統計学Ⅰ:データ分析の基礎」講座PV ~ gacco:無料で学べる大学講座』より

本講座では、データ分析の基礎を学習できる。具体的には、身近なデータの具体的な例をあげながら、その種類の違いを理解し、それぞれに適した処理法やグラフ・表による整理の方法を教えてくれる。また、データが持つ特徴やデータ間の関連性を説明するために、数値を用いたデータの要約の方法を学べる。

さらに、統計の活用が特に公的な場で、どのようになされているのかを学習できる。

『「統計学Ⅰ:データ分析の基礎」講座PV ~ gacco:無料で学べる大学講座』より

講師は東京大学大学院情報理工学系研究科 教授/滋賀大学データサイエンス教育研究推進室長の竹村彰通氏、和歌山県立医科大学 医学部 教授の下川敏雄氏などと務める(講師の肩書きは講座制作当時の2015年5月のもの)。

【「統計学Ⅰ:データ分析の基礎」概要】
・前提条件:特になし
・課題内容:毎週確認テスト(10問程度)、最終週に最終テスト(30問程度)
・修了条件:得点率60%以上
・学習期間:5週間

総務省、無料の社会人データサイエンス入門を再び開講

人工知能(AI)やPythonなどのプログラミング、データサイエンスに関する学習コンテンツが、無料で公開されることは少なくない。

最近でも、総務省は2月25日から、将来の経済成長を担う“データサイエンス”力の高い人材育成のため、データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」の受講者を募集開始した。入門編として、統計学の基礎やデータの見方・データの取得方法などを学べる。開講は5月18日を予定している。受講料は無料。

この記事で紹介したコンテンツはそれぞれ分野や領域は異なるものの、両方とも無料で学習できる。気になる人はチェックしてみては。