三菱ケミカルHD・CDOや東北大教授も登壇「自然言語処理の実社会への活用」がテーマのイベント開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストックマーク株式会社は、「自然言語処理の実社会への活用」をテーマにしたオンラインイベントを7月8日に開催する。

自然言語処理の社会への影響や今後の可能性を知る

イベントは2部構成。1部ではBERT入門書『BERTによる自然言語処理入門:Transformersを使った実践プログラミング』(2021年6月28日発売予定)を執筆したストックマークの近江崇宏氏から、自然言語処理やBERTについて簡単に説明し、いまBERTをベースとした自然言語処理の入門書を出版する意義を語る。

2部は自然言語処理をリードする東北大学大学院の乾健太郎教授と、人工知能学会前会長で株式会社三菱ケミカルホールディングス CDOの浦本直彦氏、ストックマークCTOの有馬幸介氏によるディスカッションだ。BERTに代表されるニューラル言語モデルの登場が与えた自然言語処理への影響や実社会での自然言語処理の活用例や今後の可能性を語り合うという。

本イベントは『BERTによる自然言語処理入門:Transformersを使った実践プログラミング』の出版記念として催される。同書はBERTで日本語の文章を処理するためのノウハウを詰めこんだ、自然言語処理の入門書だ。ストックマーク社は、「これから自然言語処理を業務や研究で行う方だけでなく、自然言語処理で事業を行うビジネスパーソンにも読んでいただきたい一冊」であり、本イベントも以下のような人たちに参加してもらいたいという。

  • これからAIに取り組もうと考えているエンジニア
  • すでにAIに取り組んでおり、自然言語処理にも興味のあるエンジニア
  • 自社のエンジニアにAIのスキルセットを獲得して欲しいと考えている管理職

イベント概要

  • 名称:いま注目のAI、自然言語処理の実社会への活用の可能性に迫る
  • 日時:2021年7月8日(木) 18時00分〜19時30分
  • 会場:オンライン
  • 参加費用:無料
  • 定員:500名(事前申し込み制)
  • 主催:ストックマーク株式会社
  • 申し込みURL:https://stockmark.connpass.com/event/216197/

登壇者プロフィール

浦本 直彦氏
株式会社三菱ケミカルホールディングス
執行役員 Chief Digital Officer

1990年、日本IBM入社、東京基礎研究所にて、自然言語処理、Web技術、セキュリティ、クラウドなどの研究開発に従事。2016年、Bluemix/Blockchain Garage Tokyo CTOとして、デザイン思考とアジャイル開発を行うチームをリードした。
2017年、株式会社三菱ケミカルホールディングスに入社し、人工知能技術やデータ分析などのデジタル技術を活用したデジタルトランスフォーメーションの推進を行なっている。2020年4月より同社執行役員 Chief Digital Officer。2018年-2020年6月、人工知能学会会長、現在九州大学および静岡大学の客員教授であり複数の大学で講義を行ってきた。2020年より情報処理学会フェロー。博士 (工学)。

乾 健太郎先生
東北大学大学院 情報科学研究科 教授
理化学研究所 AIPセンター 自然言語理解チームリーダー
言語処理学会 副会長

専門は自然言語処理、人工知能。1995年東京工業大学大学院情報理工学研究科博士課程修了。同学助手、九州工業大学助教授、奈良先端科学技術大学院大学助教授を経て、2010年より現職。2016年より理化学研究所AIPセンター自然言語理解チームリーダー兼任。情報処理学会論文誌編集委員長・自然言語処理研究会主査、言語処理学会論文誌編集委員長、国際会議EMNLP-2019 Geneal Chair等を歴任、2020年より言語処理学会副会長。

有馬 幸介氏
ストックマーク株式会社
取締役CTO

2008年東京大学工学部計数工学科卒業。2010年東京大学大学院情報理工学系研究科修士課程修了。同年新日鉄住金ソリューションズ(現 日鉄ソリューションズ)入社、2,000人月規模の基幹系会計業務システムの自動仕訳機能開発等を担当し、社長賞を受賞。2016年ストックマーク社を共同創業し、取締役CTOとして機械学習、インフラ〜アプリケーション全般を担当。

近江 崇宏氏
ストックマーク株式会社
R&D Manager

ストックマーク株式会社にて自然言語処理の研究開発に従事。
2012年に京都大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)。その後は、2020年まで東京大学生産技術研究所(最終職位:特任准教授)にて時系列解析を中心とする統計学・機械学習の研究に従事。2020年4月より現職。

書籍情報

『BERTによる自然言語処理入門:Transformersを使った実践プログラミング』は、ストックマークのR&D部門の機械学習エンジニアらによる共著だ。日本語データセットを使い、データセットの処理やファインチューニングなど一連の流れを解説し、自然言語処理における日本語の扱いも学べる。現在予約を受け付けている。