工数50%以上削減、1300箇所へ導入へ ── 東京電力パワーグリッドとNTTデータが変電設備の異常検知にAIを導入

このエントリーをはてなブックマークに追加

労働人口の減少や設備の老朽化により、設備保全をどのようにおこなうかは、さまざまな業界で将来大きな課題になると言われています。

そんな中、東京電力パワーグリッドとNTTデータが、変電設備の異常診断ソリューションを導入したと発表しました。

ベースとなる画像・映像解析AIには、Automagi株式会社のAIソリューション「AMY INSIGHT」を採用したとのこと。

AIで変電所の異常検知業務を効率化・高度化

通常、地下や屋外の変電所では、人による定期巡視で漏油や外柵異常、変圧器の異常などの異常検知をおこなってきました。

今回、東京電力パワーグリッドとNTTデータが発表した変電設備異常診断ソリューションは、ディープラーニング技術と画像・映像や音などのデータを活用し、人による定期巡視業務の効率化・高度化を図るためのソリューションです。

東京電力パワーグリッドの協力で変電所設備の画像を収集し、新たに教師データとして学習し、変電所に設置したネットワークカメラの画像・映像から、

  • 漏油検知
  • 外柵破損
  • アナログメーター自動読み取り
  • 異常ランプ点灯検知
  • 冷却ファンなどの異常音検知

などの異常検知業務を高い精度で可能にしたとのこと。2019年度から、約1300箇所の配電用変電所へ導入し、巡視時間の50%以上削減を目指すとしています。

Automagiの画像・映像分析AIソリューション「AMY INSIGHT」を使用

変電所異常診断ソリューションにはAutomagiの画像・映像分析ソリューション「AMY INSIGHT」をベースに、NTTデータが開発。「AMY INSIGHT」は、高精度に画像や映像から特定の物や行動を検知できるAutomagiのソリューションです。

代表的な導入事例としては、

  • ドローンとAIでサビの自動検知
  • 物流における、倉庫内の荷物の三辺自動計測
  • アパレルタグの自動検品

など。以下はサビを自動で検知している様子です。

物流、製造、建設現場、インフラ、メディアなど、これまで「人の目」で判断する必要のあった領域に幅広く導入されているようです。

作業員の目視での点検には、少なからず危険もあったはず。人の目は時として異常を見逃す可能性もあり、作業の安全性・安定性の意味でもAIへ置き換えが進むのはいいことです。

何より、異常検知が効率化できれば、削減できた費用は電気料金の低減といった利益になって消費者にも返ってくるかもしれません。

Source:
画像・映像解析AI、異音検知AIで変電設備の異常診断を開始
東京電力パワーグリッド、NTTデータが導入する AIを活用した変電設備異常診断ソリューションに「AMY INSIGHT」が採用