サンシャインシティ、案内音声を文字化してディスプレイに表示 来館者の案内をスムーズに

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は音声認識技術を活用した案内の様子

株式会社サンシャインシティと株式会社アドバンスト・メディアは12月1日から、池袋にある「サンシャインシティ 専門店街アルパ」の案内所において、音声を文字情報に変換して表示し、顧客をスムーズに案内する実証実験を開始した。来館者の体験価値向上に向けた取り組みだ。

案内所スタッフの音声を文字情報に変換して表示

本プロジェクトでは、アドバンスト・メディアが提供する音声認識により顧客接点を強化する会話解析ソリューション「AmiVoice SF-CMS」などを使用した。

案内所スタッフが話した内容を、顧客に面した透明ディスプレイに表示する。声と文字によって、ハンディキャップのある人を含め、来館者へのスムーズな案内を目指すという。

また、同ソリューションを使用して案内所の会話内容を蓄積・分析し、案内業務の改善や案内スキルの向上が期待できるという。

サンシャインシティは、施設全体のバリアフリー情報を集約した「サンシャインシティ バリアフリー情報サイト」を開設している。今後も誰もが安心して楽しめる複合施設を目指し、さまざまな取り組みを実施するとしている。

>>ニュースリリース