Netflix、Hulu、Amazon Primeなどのパスワード不正シェアをAIで特定 ── イギリス新興企業が発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラスベガスで開催中のCES 2019で、イギリスの新興企業Synamediaが、ビデオストリーミングサービスのパスワードを友人や家族と共有しているユーザーを追跡できるAIサービスを発表しました。

AIがログインパターンを学習し、パスワード不正シェアを検知

Synamediaが開発したのは、ストリーミングサービスアカウントの異常なログインパターンや、極端なパターンを検出する「Credentials Sharing Insight」というサービス。

AI、行動分析、および機械学習を用いて、特定のログインパターンが正当か、不正かを判断できます。そのため、一見明らかに無関係であるように見える、遠く離れている世帯間でのアカウント共有といったケースでも、AIがパターンを学習することで判定が可能です。

これにより、家族や友人とパスワードを共有しているユーザーに対して、プレミアムアカウントにアップグレードするようメールで促すなどの対策が打ちやすくなります。


【PR】
sponsored by 株式会社 TACT

ビデオストリーミングサービスの不正パスワードシェア問題

調査会社のMagidによると、ミレニアル世代の26%は不正にビデオストリーミングサービスのパスワードをシェアしており、サービスプロバイダーにとって大きな痛手となっています。別の調査会社のParks Associatesは、2021年には99億ドルの有料テレビ収入と12億ドルのOTT収入が、資格情報・パスワード共有のために失われると予測しています。

SynamediaのCPO兼GM EMEAのJean Marc Racineは、声明で次のように述べています。

――Jean Marc Racine
「安易なアカウント共有による痛手は、無視できないほど大きくなりつつあります。私達の新しいソリューションはサービスプロバイダーに行動を起こす能力を与えます。

安易にアカウントを他人と共有するユーザーは、多くのサービスに対して追加料金を支払うことになる。サービスプロバイダーは収益を増やし、人々を誠実に保つ素晴らしい方法だと思っています」

Netflix、Hulu、Amazon Primeなどの主要ストリーミングサービス各社がこのサービスを採用するかは分かりませんが、少なくとも魅力的であることは確かです。

Source:
AI hunts illegal password sharers of video services
People Who Use Someone Else’s Netflix Password, We’ve Got Bad News