大正大学、データサイエンス科目で三鷹市やサイゼリヤのデータを分析

このエントリーをはてなブックマークに追加

大正大学は4月28日、大学の教育・研究活動などにおけるデータ利活用やデジタル化の推進に向けて、三鷹市、株式会社サイゼリヤ、ニューラルポケット株式会社と産学連携協力に関する覚書、契約書、協定書をそれぞれと締結したと発表した。 



大正大学が2021年度に開講するデータサイエンスの授業では、三鷹市、サイゼリヤ、ニューラルポケットが提供してもらったデータを活用する。学生はデータをtableauで分析・可視化し、それぞれ社会や企業が抱える課題に対する提案をまとめ、連携先にプレゼンできる。

三鷹市、サイゼリヤ、ニューラルポケットが学生への課題提示や発表会に参加するなど、学生が社会の生の声を聞く機会も設ける予定という。なお、本連携による授業は2021年度開講のI類必修科目のデータサイエンス科目のうち、2年生の第2クォーターおよび第4クォーターに開講する。

大正大学はデータサイエンス科目の教育目標を「主観的な判断ではなく、データをもとに意思決定をするデータドリブンな思考を高め、社会の課題を解決し、価値を創造していく人材となる」ことと位置づけている。

>>ニュースリリース

武蔵野大学大学院、データサイエンス研究科を開設 世界で活躍するトップクラスの人材育成目指す

近年、さまざまな大学がAIやデータサイエンスなどの教育に乗り出している。

最近でも、武蔵野大学大学院は4月1日、2019年に開設した私立大学として初のデータサイエンス学部に続き、13番目の研究科となるデータサイエンス研究科(修士課程)を有明キャンパス(東京都江東区)に開設した。

同研究科で育成する人材については「時代の変化を先導する国際的なリーダーとなる人材」「国際的なイノベーションを実現するデータサイエンスプロフェッショナル」「日本政府が掲げる『AI戦略2019』に基づき、世界で活躍するレベルの人材、特にトップクラスの人材」と言及している。