ZOZO、AIで架空のファッションモデルを生み出す「今まで経験したことのないファッション体験を提供」

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ZOZOテクノロジーズは2月9日、人工知能(AI)や3Dを活用した「バーチャルファッション」プロジェクトを発表。本プロジェクトの第1弾として、4名のバーチャルファッションモデル「Drip」が誕生した。本プロジェクトを通じて、同社はユーザー1人1人に最適なモデル、着こなしを提供するパーソナライゼーションの構築、バーチャル上での試着などを目指すという。

Instagramより

Instagramより

Instagramより

今回発表したバーチャルモデルは、ZOZOテクノロジーズおよび、ディープフェイク技術の第一人者とされるHao Li氏が率いるPinscreen社が共同開発している。ディープフェイクは、Aさんの顔を数万点ものパーツに分解し、表情1つ1つにAIがディープラーニング(深層学習)という手法を用いることで、Bさんの顔をAさんの顔にすり替えて顔の表情を自然に動かすというものだ。

本プロジェクトでは、実在する人物の顔画像をCGで制作した頭部に合成することで、実在する人間と見分けがつかないほどのクオリティのバーチャルインフルエンサーを実現したとうたう。

これらの技術を活用することで、たとえば、商品ページを閲覧する際に、ユーザーの体型、年齢に近いモデルの着用画像を自動的に表示したり、過去の購買データからユーザーの好みのアイテムやスタイルを判断し、そのアイテムやスタイルに合ったバーチャルモデルが着用した画像が提案したりすることが可能になるとする。また、現実世界に実在しないモデルを使用することで、省コスト化も実現できるとのこと。

ZOZOテクノロジーズでは「MORE FASHION×FASHION TECH」という経営戦略を掲げ、ファッション領域におけるテクノロジー活用を進めている。近年バーチャル領域は急成長しているものの、ファッション領域での活用はまだ進んでおらず、同社は新規事業の一環として研究開発を進めてきたという。そのような背景のなか、今回の「バーチャルファッション」プロジェクトを始動するにいたったとしている。

「ZOZOMAT」や「ZOZOSUIT」などに続く取り組み

Pinscreen社のHao Li氏は「私たちの技術によってリアルなバーチャルモデルを低コストに大量に生み出すことが可能となります。そして、それは多種多様なさまざまなタイプのお客様の好みに合ったファッションを提案することが可能となります」と述べる。

また、ZOZOテクノロジーズ 代表取締役CINOの金山裕樹氏は「現代社会において、さまざまなシーンで多様性が重んじられており、それはファッションにおいても同様だと思います。私たちのテクノロジーによって、その多種多様なお客様のニーズに対して常に最適なファッションを提案し、お客様に今まで経験したことのない満足するファッション購買体験を提供できると考えております」とコメントを寄せている。

今回の「バーチャルファッション」プロジェクトは一見すると奇妙に思えるかもしれないが、「ZOZOMAT」や「ZOZOSUIT」などに続く、テクノロジーを積極的に活用することで、多様性を追求するといった、同社の取り組みの1つとして位置づけられるだろう。第2弾も楽しみである。

>>ニュースリリース

ディープフェイクとは?

なお、Ledge.ai編集部では、ディープフェイクについて、歴史や恐怖、日本のディープフェイク対策について解説している。気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。