加山雄三氏の歌声をAIで後世に残す「バーチャル若大将」、シャ乱Q「シングルベッド」YouTubeで公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社テクノスピーチは8月22日、加山雄三氏自身が参加する本人のYouTubeチャンネル「バーチャル若大将」に、同社のAI(人工知能)歌声合成技術を提供したと発表した。
​​
「バーチャル若大将」は加山氏自らの発案で生まれた。8月21日〜8月22日に日本テレビ系で生放送した『24時間テレビ44』では、湘南乃風の代表曲「純恋歌」を初披露している。

YouTubeチャンネルではAIが生成した歌声で、まずは2020年12月に発売したアルバム「DEDICATED to KAYAMA YUZO」に参加したアーティストたちの代表曲をカバーする。1曲目は現在でも加山氏の新曲の作詞を担当する「つんく♂」が歌うシャ乱Qの代表曲「シングルベッド」だ。

YouTubeの動画には「とても優しい声」「とても素晴らしい企画です」「最初の歌い出しから不覚にも涙が止まりません」などのコメントが寄せられている。

プレスリリースでは「昨年8月、脳内で出血が起きる小脳出血を起こし救急搬送された加山。一命を取り留めたが、言葉がうまく話せなくなるなどの後遺症が残り、芸能活動の一時中止を余儀なくされた。懸命のリハビリで今年4月、歌手活動を再開できるまでの復活を遂げたが、病と闘う中で、この画期的な取り組みが秘密裏に進行していた」と説明する。

続けて、「最新のAI技術で自分の話す声や歌声、映像によって、加山をバーチャルヒューマン〝バーチャル若大将〟として後世に残すプロジェクトだ。84歳となった今も、常に新しいモノが大好きな加山らしい発想が生んだ、世界でも類をみない新しい取り組みにぜひ注目してもらいたい」と述べている。

>>プレスリリース