PythonとRは約654万円 C++は約593万円、プログラミング言語別の給与ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「The 2021 Stack Overflow Developer Survey」より

Stack Overflowは8月、8万人以上の開発者を対象とする調査レポート「The 2021 Stack Overflow Developer Survey」を発表した。

プログラミング言語別における給与の中央値は、1位が「Clojure」で9万5000ドル(約1045万円)、2位は「F#」で8万1037ドル(約891万円)、3位は「Elixir」で8万77ドル(約881万円)。

6位は「Ruby」で8万ドル(約880万円)、8位は「Rust」で7万7530ドル(約853万円)、9位は「Go」で7万5669ドル(約832万円)、19位/20位は「Python」と「R」で5万9454ドル(約654万円)。

23位は「C#」で5万8368ドル(約642万円)、28位は「C++」で5万4049ドル(約593万円)、29位は「JavaScript」で5万4049ドル(約593万円)、32位は「HTML/CSS」で5万2980ドル(約581万円)だった。

「JavaScript」が1位、プログラミング言語ランキング

プログラミング言語やデータベースなどのランキングは以下のとおり。

プログラミング言語は、1位が「JavaScript」で64.96%、2位は「HTML/CSS」で56.07%、3位は「Python」で48.24%、4位は「SQL」で47.08%、5位は「Java」で35.35%。

データベースは、1位が「MySQL」で50.18%、2位は「PostgreSQL」で40.42%、3位は「SQLite」で32.18%、4位は「MongoDB」で27.7%、5位は「Microsoft SQL Server」で26.87%だった。

クラウドプラットフォームは、1位が「AWS」で54.22%、2位は「Google Cloud Platform」で31.05%、3位は「Microsoft Azure」で30.77%。

Webフレームワークは、1位が「React.js」で40.14%、2位は「jQuery」で34.42%、3位は「Express」で23.82%、4位は「Angular」で22.96%、5位は「Vue.js」で18.97%だった。

統合開発環境は、1位が「Visual Studio Code」で71.06%、2位は「Visual Studio」で33.03%、3位は「Notepad++」で29.71%、4位は「IntelliJ」で28.74%、5位は「Vim」で24.19%。

OS(オペレーティングシステム)は、1位が「Windows」で45.33%、2位は「Linux-based」で25.32%、3位は「MacOS」で25.19%だった。

プロの開発者は2020年比でフルタイム雇用が減少

雇用形態や年齢など、回答者の内訳は以下のとおり。

雇用形態は、フルタイムで雇用されているのは64.31%、フルタイムの学生は14.14%、独立した契約者/フリーランサー/自営業者は9.65%だった。

そのうち、プロの開発者は2020年比でフルタイム雇用が減少し、フリーランスや自営業などが増加した。新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の感染拡大の影響と見られる。

年齢は18歳未満が6.52%、18〜24歳は25.47%、25〜34歳は39.52%、35〜44歳は18.42%、45〜54歳は6.64%、55〜64歳は2.21%、65歳以上は0.51%、言いたくないは0.7%。

本調査では学習方法についても質問しており、18歳未満には本や学校での学習より、動画やブログなどのオンラインリソースのほうが人気とわかった。

コーディング歴は1年未満〜10年未満が49.53%、10年〜20年未満は29.3%、20年〜30年未満は12.65%、30年〜40年未満は6.06%、40年〜50年未満は2.16%、50年以上は0.28%。1年未満〜10年未満の新人が最多だった。

国や地域はアメリカが18.33%、インドは12.61%、ドイツは6.75%、イギリスと北アイルランドは5.37%、カナダは3.61%。そのほか、中国は1.27%、日本は0.51%、台湾は0.36%、香港は0.24%、韓国は0.23%だった。

人種とエスニシティは白人またはヨーロッパ系が58.43%を占めた。南アジア系は11.6%、ヒスパニック系またはラテン系は7.01%、東南アジアは5.14%、黒人またはアフリカ系アメリカ人は3.38%など、有色人種は少なくなっている。

性別は男性が91.67%、女性は5.31%、言いたくないは1.75%、ノンバイナリー/ジェンダークィア/ジェンダー・ノンコンフォーミングは1.42%、自分の言葉は0.92%。男性が9割以上を占めた。

Stack Overflowは「私たちはプラットフォームが包括的であり、調査が世界中の開発者を代表するものであることを保証するために、かなりの努力をしなければいけない」と決意を述べている。

>>公式ブログ(該当ページ)〔英語〕