「THE AI 2nd」全登壇企業が決定。アカデミーヒルズで『今』のAIを語り尽くす

このエントリーをはてなブックマークに追加

レッジは、未来ではなく「今」のAIを語るカンファレンス「THE AI 2nd」を、7月26日に六本木アカデミーヒルズで開催します。

今回「THE AI 2nd」の全登壇者・登壇内容が決定しました。前回より規模をさらに拡大し、3会場15講演のカンファレンスとなります。

本記事では、改めて全スポンサー、および登壇する企業のスピーカー、お話いただく内容について説明します。ぜひ当日前に予習してください。

基調講演では落合陽一氏がAIと企業について語る

基調講演では、大学教授やメディアアーティストとして活躍されている落合陽一氏が「超AI時代における、企業のあり方」というテーマで語ります。

落合陽一
ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 代表取締役
デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長
筑波大学 図書館情報メディア系 准教授

1987年生まれ、2015年東京大学大学院学際情報学府博士課程早期修了、博士 (学際情報学)。その後、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社創業、フェーズドアレイ技術やデジタルファブリケーション技術の開発に関わる。2015年より筑波大学図書館情報メディア系助教 デジタルネイチャー研究室主宰。2017年よりピクシーダストテクノロジーズ株式会社と筑波大学の特別共同研究事業「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」准教授。機械知能と人間知能の連携について波動工学やデジタルファブリケーション技術を用いて探求。2015年より、一般社団法人未踏 理事、一般社団法人バーチャルリアリティコンソーシアム理事。2017年より筑波大学 学長補佐、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授。受賞歴として、IPA認定スーパークリエータ・天才プログラマー (2010年)、ワールドテクノロジーアワード (2015年)、プリアルスエレクトロニカHonorary Mention (2016年)、グッドデザイン賞 (2014年、2015年)、経済産業省Innovative Technologies賞 (2014年、2015年、2016年)、ザンガレンシンポジウム 明日のリーダー200人、ベストナレッジプール40人に選出 (2017年)、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品:アート部門/エンターテイメント部門 (2017年) など。

スポンサー・パートナー企業一覧

今回、さまざまなスポンサー・パートナー企業の皆様にご協力いただきました。プラチナスポンサー、ゴールドスポンサー、シルバースポンサー企業は講演、ブロンズスポンサー企業はブースエリアにて出展いただきます。

Platinum Sponsor

Gold Sponsor

Silver Sponsor

Bronze Sponsor

Media Sponsor

Premium Partner

Event Partner

ステージ登壇企業

日本マイクロソフト株式会社

横井 羽衣子
日本マイクロソフト株式会社 / シニアプロダクトマネ-ジャ-

文学部哲学科卒元 SE。2001年Windowsのソースコード見たさにマイクロソフトに転職。デベロッパーエリア中心にカーネルからクラウドまで一通り経験後、マーケティングに転身。IT知識がない人も含め、誰もがAIを使いこなせる世界をめざしている。

【日本の事業価値を(再)創造するマイクロソフト AI】
日々聞かないことはない『人工知能(AI)』。自分にとってどう役立つか、使い方をどうするか、誰に頼めば導入できるか。お客様の事例から、導入のポイントなどについてお話しします。

ソニー株式会社/ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

小林 由幸
ソニー株式会社 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 / シニアマシンラーニングリサーチャー

2003年より機械学習技術の研究開発を始め、音楽解析技術「12音解析」のコアアルゴリズム、認識技術の自動生成技術「ELFE」などを開発。近年は「Neural Network Console」を中心にディープラーニング関連の技術・ソフトウェア開発を進める。

【Deep Learningのもたらすゲームチェンジと、飛躍へのヒント】
急速に浸透が加速するDeep Learningをどのように捉え、取り組んでいくべきか。ソニーの事例について、ソニーのDeep Learningソフトウェア、Neural Network Libraries/Consoleの最新情報と共にご紹介します。

LeapMind株式会社

松田 総一
LeapMind株式会社 / 代表取締役CEO

エンジニアのスキルを可視化・マッチングするサービスを2010年に立ち上げ、シンガポール支社を設立同事業を事業譲渡。その後、個人投資家からの出資と自己資金で2012年LeapMind株式会社を設立。

【組込みDeep Learningがビジネスや生活に起こすインパクト】
複雑で煩雑なDeep Learning技術を「コンパクトに、シンプルに」するための取り組みや必要な技術、目指している未来について紹介します。

株式会社サイバーエージェント

馬場 惇
株式会社サイバーエージェント / リサーチサイエンティスト

2014年京都大学大学院情報学研究科博士前期課程修了。人工知能技術の研究組織「AI Lab」にて、接客対話エージェントの研究に従事。2017年4月から大阪大学石黒研究室との産学連携の元、招聘研究員として阪大に常駐して研究を進めている。

【購入意欲を高めるチャットボットコミュニケーションの研究と実現】
AI Lab で研究開発している接客対話エージェントの事例として、 4℃ブランドを展開しているFDCプロダクツ様との商品推薦チャットボットの実証実験についてご紹介します。

株式会社ABEJA

寺本 拓磨
株式会社ABEJA / アノテーション事業 責任者

大学時代に起業し、新卒でセガゲームスにエンジニア入社。データ分析、システム開発に従事。2016年、株式会社ABEJA入社。デザイナー、プロダクトオーナーなど幅広い経験を経、現在、ABEJA Platformアノテーション事業における責任者を務める。

【データ視点から考えるAIビジネスの正攻法】
現在、多くの企業がAIビジネスに参画しています。 世の中に存在する沢山の画像・音声・動画などの非構造化データを構造化し、 新しいビジネスを生み出す方法を成功事例と共に、紹介いたします。

クーガー株式会社

石井 敦
クーガー株式会社 / CEO

IBMを経て、大規模検索エンジン開発、オンラインゲーム開発の統括・進行、ロボティクスTOPレベルチームへの技術支援、AIラーニングシミュレーター提供などを行う。現在、AI x ロボティクス x IoT x ブロックチェーンによる応用開発を進めている。

【AI x ブロックチェーン「Connectome」が実現する世界】
AIとマシーンインターネット、AI学習履歴に関するブロックチェーン活用、そして次世代インターフェースとしてバーチャルヒューマンエージェント。AI x ブロックチェーンで実現する世界とは

株式会社Cogent Labs

David Malkin, Ph.D.
株式会社Cogent Labs / AIアーキテクト

ユニバーシティ・カレッジ ロンドンにて機械学習修士号及び博士号を取得。ロンドンにて株式のアルゴリズム取引の開発に従事したのち、遺伝的アルゴリズムを用いた非線形かつ高次元な動的解法の最適化に関するプロジェクトを経験。

Max Frenzel, Ph.D.
株式会社Cogent Labs / リサーチサイエンティスト

インペリアル・カレッジ・ロンドンにて量子情報理論博士号を取得。 博士課程中、東京大学で1年間研究者として勤務。量子物理学者として、潜在構造モデルや実用的な自然言語処理アプリケーションの開発に強い興味を持つ。

【コージェントラボのAIソリューションの活用事例と最新の研究成果】
書類上の膨大な情報を瞬時に取得するAI OCR Tegaki、取得した情報を理解し分析する自然文書理解エンジン Kaidoku、そして予測・推論まで広がるコージェントラボのAIについて、実際の活用事例と最新の研究内容を交えてご紹介します。

RPAテクノロジーズ株式会社/株式会社aiforce solutions

笠井 直人
RPAテクノロジーズ株式会社 / 最高執行責任者

大学在学中に、インターンとしてビズロボジャパン株式会社(現RPAテクノロジーズ株式会社)に参画、2015年同社に入社。RPAトータルソリューション「BizRobo!」の導入支援や、RPAを活用した事業開発に従事。2016年、一般社団法人日本RPA協会委員に就任。

西川 智章
株式会社aiforce solutions / 代表取締役社長

コンサルティング会社やAIベンチャーにて主に日本並びに東南アジア地域のAIビジネスコンサルやビックデータ解析サービス、先端技術を活用したビジネスモデルの構想・計画策定などを支援。米国公認会計士(ワシントン州)、人工知能イニシアティブ会員、データサイエンティスト協会会員。

【RPA進化のシナリオ~デジタルレイバーと協働する時代へ~】
国内RPAのパイオニアとして本分野を牽引してきた「RPAテクノロジーズ」社。 本講演では、「AI×RPA」の先進事例と”イマ”を「ai force」社と共にお話しいたします。

株式会社セブン銀行

松橋 正明
株式会社セブン銀行 / 専務執行役員

セブン銀行のサービス/システム企画・開発・運営をデザインするIT&ビジネスアーキテクトとして、ATM事業を推進。従来のATMをデジタルトランスフォーメーションし、現在の事業モデルを確立。現在はセブン・ラボを率い、全社イノベーションを推進する。

【セブン銀行チャレンジ AIによる事業高度化】
流通業を母体とし、ATMサービスを主としたユニークなサービスを提供し続けるセブン銀行。 AIにより事業高度化を進めており、そのアプローチや推進方法を紹介します。

株式会社ロックオン

デ・スーザ リッキー
株式会社ロックオン / 部長

Web経験15年、Webディレクター8年、マーケター11年。内部の人間としての厚みのあるマーケティング実務経験が強み。それらの経験を元に、ADTECHほか、MarkezineDay、Web担当者Forumなど、数々の大型セミナーで登壇。

【アドエビスのAIは企業のマーケティングに何をもたらすのか】
AIというとイメージだけが先行しますが、実はすでにその技術は製品レベルに落とし込まれています。 今回は弊社のAIがすでに実現している「リアル」と「未来」について紹介いたします。

株式会社 Engineered Intelligence

今川 哲矢
株式会社 Engineered Intelligence / CEO

東京大学電気系工学専攻修了後(研究テーマ:AIを用いた為替予測)、三菱東京UFJ銀行、アクセンチュアを経て、USスタートアップ企業C1X Inc.立ち上げに参画、その後EI創業。

【AIコンサルティングをしてわかったAI導入に重要な5つのキー】
AIベンチャーを立ち上げてから、企業のAI導入が進んでいない現状を目の当たりにしてきました。本講演では、その経験からAI導入の際に考えるべきポイントについてお伝えします。

株式会社アイデミー

石川 聡彦
株式会社アイデミー / CEO

東京大学工学部卒。研究・実務でデータ解析に従事した経験を活かし、日本No.1のユーザー数を誇る人工知能のオンライン学習サービス「Aidemy」を提供。著書に『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』(KADOKAWA/2018年)。

【人工知能エンジニアを社内で育成するのに重要な3つのこと】
AIエンジニアの数が不足しているため、社内で育成を行う企業が増えています。社内でAIエンジニアの育成に成功した会社の事例を紹介し、社内育成を成功させるために重要なポイントを考察します。

株式会社WHITE

小池 祐介
株式会社WHITE / 執行役員兼局長

2010年スパイスボックス入社。メディア、クリエイティブ、テクノロジー、データ、CRMなど、幅広い領域の知見を活かし統合コミュニケーションのプロデュース、プランニング担当する。現在はサービスデザイナーとして、新規事業担当者とともに新しい価値をつくるサービスを実現している。

【VUIで何が変わるのか?”AI時代”における新規事業開発】
Google、Amazon、LINEなどプラットフォーマーが提供する⾳声アシスタントAIが 起こす変化を最新事例により解説。さらにAI時代に新規事業を開発する実践的プロセスを紹介します。

株式会社VAAK

田中 遼
株式会社VAAK / 代表取締役

学生時代より起業し、大手をクライアントとしたシステム開発会社、業界シェア2位のプログラミング教育会社などを経営、また経営戦略およびAI活用のコンサルタントとしても活動する。のち行動解析に焦点を定めて研究開発を行い、2017年に株式会社VAAKを創業。

【ニューリテールによる小売業界の変革】
ニューリテールと呼ばれる、映像などビッグデータを活用した小売業界の変革をご紹介します。レジなし技術による省人化、映像による顧客分析、OMO、防犯、業務効率化など。

株式会社Insight Tech

伊藤 友博
株式会社Insight Tech / 代表取締役社長

1974年愛知県生まれ。1999年 早稲田大学院建設工学修了、同年、大手シンクタンクに入社。 ビッグデータマーケティング、AI(人工知能)を活用した新事業開発を牽引。複数のサービスローンチを経て2017年より現職。日本マーケティング学会学会員。

【本音を可視化し優先課題を特定する文章解析AIの性能と事例】
InsightTechの文章解析AI「ITAS」は文章に隠された課題解決のヒントを浮き彫りに。顧客の声に加え、Webコンテンツ、社内文書での活用事例や共同サービス事例もご紹介します。

開催概要

イベント名称「THE AI 2018 2nd」
開催場所〒106-6149 東京都港区六本木6丁目10番1号
六本木ヒルズ森タワー49F 六本木アカデミーヒルズ
日時2018年7月26日(木)10:00~19:50
主催株式会社レッジ
公式サイトhttps://ledge.ai/the-ai-2nd/
チケット料金1 Day Ticket ¥20,000