落合陽一氏、中島聡氏が登壇決定 ── AIカンファレンス「THE AI 3rd」超早期割チケットを販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

「AI時代の適者生存〜生まれ変わるために“今”すべきこと」をコンセプトに、レッジが2019年2月13日(水)虎ノ門ヒルズで開催するAIカンファレンス「THE AI」。

第3回となる「THE AI 3rd」の超早期割チケットの販売を12月5日(水)から販売開始しました。

チケット販売サイト
THE AI 3rd 公式サイト

「THE AI」とは?

第一回を開催した一年前と比較して事例や着手企業が増えている中、Ledge.aiでの日々の取材を通しても AI・Deep Learning技術の確かな浸透を見てとれる一方で、未着手領域においては改めて喫緊の課題であると肌で感じています。

この一年間だけでもAI・ディープラーニング技術の進化によって変革は進みサービスや働き方の転換、導入するための選択肢や可能性の拡張はさらに速度を増しています。THE AI 3rdは「今のAI」を捉えて自分の仕事に活かし、さらなる進化を目指す人のためのイベントです。

過去2回の様子は下記から。

「THE AI」

「THE AI 2nd」

豪華ゲストが集結。落合陽一氏、中島聡氏、先進AI活用企業など

現在、基調講演に落合陽一氏、特別講演に中島 聡氏の登壇が決定しています。他の登壇者については調整中ですが、アップデートは適宜facebook公式イベントページで更新していくので、ぜひウォッチしておいてください。

photo:蜷川実花

落合 陽一氏

1987年生. メディアアーティスト. 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了. Ars Electronica STARTS Prizeなど多数の賞を受賞. また国内外問わずメディア露出も多数. 個展として「落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」など. 様々なコラボレーション作品制作や演出を手掛け, 多くの事業者と制作・開発を行う.


中島 聡氏
一般社団法人シンギュラリティ・ソサエティ 代表理事 

早稲田大学大学院理工学研究科修了。大学時代に日本のCADソフトの草分けである「CANDY」を開発。大学院修了後はNTTに入社したが、わずか1年で設立間もないマイクロソフト日本法人へ転職。3年後、米国本社へ移るとWindows 95、Internet Explorer 3.0/4.0等のチーフアーキテクトを担った。2000年代に入り、独立を果たすとXevo、neu.Pen等を起業。

2018年8月には「i-mode を世に送り出した男」として知られる夏野剛氏を共同発起人として、NPO法人シンギュラリティ・ソサエティを設立。
テクノロジーを操り、シンギュラリティの時代にふさわしい「未来の設計者」である若者を支援するため、精力的に活動をしている。

毎週火曜日発行のメルマガ「週刊 Life is Beautiful」の執筆を今も継続中。主な著書に『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』(文響社刊)、『結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術』(実務教育出版)がある。米国シアトル在住。MBA(ワシントン大学)

一般社団法人シンギュラリティ・ソサエティ

通常チケット¥20,000のところ、超早期割は¥7,500。AI時代に適応し、生き残るために“今”すべきことは何か、ぜひとも体感しにきてください。

「THE AI 3nd」開催概要

イベントタイトルTHE AI 3rd
開催日2019年2月13日(水)
会場虎ノ門ヒルズフォーラム 〒105-6390 東京都港区虎ノ門一丁目23番1号~4号
公式サイトhttps://ledge.ai/the-ai-3rd/
チケット料金超早期割¥7,500(規定数に達し次第終了)
通常価格¥20,000
申込み方法チケット販売サイトにてチケット購入