THE AI 3rd - AI時代の適者生存 - 生まれ変わるために“今”すべきこと THE AI 3rd - AI時代の適者生存 - 生まれ変わるために“今”すべきこと

update

前回の様子

#theai

AI x ビジネスの大規模カンファレンスとして開催してきたTHE AI。

第三回目となる THE AI 3rdは、
会場を虎ノ門ヒルズに移して2019年2月13日(水)に開催いたします。

第1回を開催した1年前と比較して事例や着手企業が増えている中、
Ledge.ai での日々の取材を通しても
AI・ディープラーニング技術の確かな浸透を見てとれる一方で
未着手領域においては、改めて喫緊の課題であると肌で感じています。

この1年間だけでも、AI・ディープラーニング技術の進化によって変革は進み
AIを導入するための選択肢、提供サービスや働き方の多様化はさらに速度を増して拡張しています。

THE AI 3rdは「今のAI」を捉えて自分の仕事に活かし、
さらなる進化を目指す人のためのイベントです。

Outline開催概要

開催日時:
2019年2月13日(水)10:00 - 18:20
18:30よりNetworking Party
実施概要:
ゲストによる特別講演・基調講演
3ステージでのAIのビジネス活用に関する講演5枠
協賛企業によるブース展示
Networking Party *別途 事前申込が必要です。
定員:
1,200名
チケット:
通常チケット:¥20,000
※ 規定枚数に達し次第販売終了
主催:
株式会社レッジ
開催場所:
東京都港区虎ノ門1-23-3
虎ノ門ヒルズ森タワー5階 ,4階
虎ノ門ヒルズフォーラム

タイムテーブル

  • 10:10~ 基調講演
  • 11:30~ 講演 (3ステージ)
  • 12:10~ ランチタイム
  • 13:00~ 講演 (3ステージ)
  • 14:00~ 講演 (3ステージ)
  • 15:00~ 講演 (3ステージ)
  • 16:20~ 講演 (3ステージ)
  • 17:20~ 特別講演
  • 18:30~ Networking Party
虎ノ門ヒルズ メインホール
虎ノ門ヒルズ ホールA

チケットを購入する

※ 早割チケットをご購入いただいた方は、全講演プログラム確定後に改めて受講枠を登録いただく必要があります。
※ 参加チケットを複数枚お申し込みの場合、必ずイベント当日にご参加いただく参加者情報入力をお願いいたします。

Speakers講演者

基調講演

落合陽一

メディアアーティスト
落合陽一

1987年生. メディアアーティスト. 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了. Ars Electronica STARTS Prizeなど多数の賞を受賞. また国内外問わずメディア露出も多数. 個展として「落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」など. 様々なコラボレーション作品制作や演出を手掛け, 多くの事業者と制作・開発を行う.

特別講演

中島聡

一般社団法人 シンギュラリティ・ソサエティ
代表理事 
中島 聡

早稲田大学大学院理工学研究科修了。大学時代に日本のCADソフトの草分けである「CANDY」を開発。大学院修了後はNTTに入社したが、わずか1年で設立間もないマイクロソフト日本法人へ転職。3年後、米国本社へ移るとWindows 95、Internet Explorer 3.0/4.0等のチーフアーキテクトを担った。2000年代に入り、独立を果たすとXevo、neu.Pen等を起業。
2018年8月には「 i-mode を世に送り出した男」として知られる夏野剛氏を共同発起人として、NPO法人シンギュラリティ・ソサエティを設立。
テクノロジーを操り、シンギュラリティの時代にふさわしい「未来の設計者」である若者を支援するため、精力的に活動をしている。
毎週火曜日発行のメルマガ「週刊 Life is Beautiful」の執筆を今も継続中。主な著書に『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』(文響社刊)、『結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術』(実務教育出版)がある。米国シアトル在住。MBA(ワシントン大学)
https://www.singularitysociety.org/

大澤昇平

東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任助教 /
株式会社Daisy CEO
大澤 昇平

文京区で猫と暮らす東大教員。専門はAIとブロックチェーン。学生時代に師事した松尾豊の研究室に助教として所属。
19歳で経産省から未踏スーパークリエーターの認定を受け、起業。
IBM Researchにて社長賞を1年半で受賞し、現職。
現在は自ら創業した会社の社長を兼務し、ブロックチェーンによる未来予言AI「Daisy」を提供する。

菊池祐太

株式会社ABEJA
執行役員
菊池 佑太

学生時代は知能情報工学を専攻。2007年に新卒でYahoo!入社。インターネットユーザーの興味関心情報を膨大なアクセスログから導き出し、最適な広告配信に還元する仕組みを開発。部門全体として1年間で売上3倍を達成、現在の年間1000億規模の売上を作るCore技術の責任者として従事。その後独立を経てFreakOutに入社。FreakOutではDivisionManager・ProductManager・TechLead・DataScientistを兼務し、機械学習によるダイレクトレスポンス広告のClick / Conversion率の改善施策を担当。CPA指標を劇的に向上させた実績を持つ。 2017年4月からABEJAに参画し、ABEJA Platformを活用した新規ビジネスの開発に従事している。2018年3月よりABEJAの執行役員、同年4月より株式会社CA ABEJAの取締役副社長に就任。

登壇企業

  • 日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト
    株式会社
  • グーグル・クラウド・ジャパン合同会社グーグル・
    クラウド・ジャパン
    合同会社
  • 株式会社電通株式会社
    電通
  • フューチャー株式会社フューチャー
    株式会社
  • ライブリッツ株式会社ライブリッツ
    株式会社
  • 株式会社NTTドコモ株式会社
    NTTドコモ
  • 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社富士通クラウド
    テクノロジーズ
    株式会社
  • ライオン株式会社ライオン
    株式会社
  • 株式会社セブン銀行株式会社
    セブン銀行
  • 綜合警備保障株式会社綜合警備保障
    株式会社
  • 株式会社ウフル株式会社
    ウフル
  • 株式会社JSOL株式会社
    JSOL
  • 株式会社ZEALS株式会社
    ZEALS
  • GVA TECH株式会社GVA TECH
    株式会社
  • GVA TECH株式会社アローサル・
    テクノロジー
    株式会社
  • 株式会社Insight Tech株式会社
    Insight Tech

ブース出展企業

  • 株式会社日本オラクル
    株式会社
  • スキルアップAI株式会社スキルアップAI
    株式会社
  • 三井情報株式会社三井情報
    株式会社
  • エルテス株式会社
    エルテス

timetableタイムテーブル

参加講演には事前にお申し込みが必要です。

※講演タイトル、内容は変更の可能性がございます。

13:00--
13:40
AIの「乗りこなし方」:これからのAI活用に必要な視点
株式会社電通
児玉拓也
AI・4K・5Gで進化するALSOKの警備サービス
綜合警備保障株式会社
干場 久仁雄
弱者が強者になる為のAI導入戦略
アローサル・テクノロジー株式会社
佐藤拓哉
アローサル・テクノロジー株式会社
久保田雄大
14:00-
14:40
AI で変わるデジタルトランスフォーメーション時代のビジネス生存戦略
日本マイクロソフト株式会社
西脇資哲
ベンダー企業、ユーザー企業それぞれから見たAIプロジェクト
富士通クラウドテクノロジーズ
西尾敬広
ライオン株式会社
石田和裕
士業の業務はAIに代替されるか~「AI‐CON」の挑戦~
GVA TECH株式会社
山本俊
15:00-
15:40
AI業界の潮流とAI導入現場における適者生存とは
株式会社 レッジ
中村健太
株式会社 レッジ
飯野希
AI導入の工夫 コンビニ銀行の事業高度化アプローチは?
株式会社セブン銀行
松橋正明
“チャットボットの今”〜本格的なマネタイズフェーズへ〜
株式会社ZEALS
清水正大
16:20-
17:00
Google Cloud の AI 技術をビジネス活用する方法
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
大薮勇輝
Dから始まるPDCAの先にあるもの
株式会社NTTドコモ
河村祐輝
イスラエルのAI/VRスタートアップ発、最強の人材発掘法
株式会社JSOL
海老原憲

Who Should Join?誰のためのイベント?

THE AI 3rd では、業種や産業を跨いだAI・ディープラーニングの活用事例をお届けします。

AI・ディープ・ラーニング技術のインパクトを把握しきれていない、
または自社との相関をイメージできていない
経営企画に関わる方、事業部リーダー、新規事業担当、企画・マーケターの方に最適です。

  • 自社事業や自分自身の仕事と AI を結び付けられていない方
  • 今の業態、働き方を変えたいと思っている方
  • 新しいことを始めたいがパートナーやアイデアに困っている方

THE AI 3rdでは、下記の講演は予定しておりません。

  • ニューラルネットワークやディープ・ラーニングのアルゴリズムに関する詳細な解説
  • PythonやRなどのプログラミング言語、開発環境やプラットフォームに関するエンジニアの向けの解説

チケットを購入する

※ 早割チケットをご購入いただいた方は、全講演プログラム確定後に改めて受講枠を登録いただく必要があります。

Contentsコンテンツ

時代を先駆けるゲストと先進企業による
AIの"今"と"これから"を知る講演

AI時代に必要な考え方、プロジェクトの勘所など多くの知見を得られます。産業、業種を横断するAI活用の事例をはじめとしたTHE AI 3rd でしか聞けない話をお届けします。

時代を先駆けるゲストと先進企業による
AIの"今"と"これから"を知る講演

AI時代に必要な考え方、プロジェクトの勘所など多くの知見を得られます。産業、業種を横断するAI活用の事例をはじめとしたTHE AI 3rd でしか聞けない話をお届けします。

THE AI 講演

最新のAIプロダクトや
デモンストレーションに触れるブース展示

スポンサー企業によるブース展示では、最新のAIプロダクトや事例についての情報収集が可能です。実際抱える相談やアイデアをAIプロジェクトの専門家と相談できます。

最新のAIプロダクトや
デモンストレーションに触れるブース展示

スポンサー企業によるブース展示では、最新のAIプロダクトや事例についての情報収集が可能です。実際抱える相談やアイデアをAIプロジェクトの専門家と相談できます。

新しいパートナー、
仲間とのネットワーキング

AIプロジェクトは自社だけでなく他社との協業で可能性が広がる領域です。解決したい課題や、所有しているアイデア、データ、技術を持ち寄ることで選択肢が飛躍的に広がります。

新しいパートナー、
仲間とのネットワーキング

AIプロジェクトは自社だけでなく他社との協業で可能性が広がる領域です。解決したい課題や、所有しているアイデア、データ、技術を持ち寄ることで選択肢が飛躍的に広がります。

Newsletter最新情報の配信

本カンファレンスに関する最新情報は、
AI:人工知能特化型メディア Ledge.ai 、Facebookイベントページとeメールにて配信いたします。

当日のプログラムに関する情報や、チケット販売のご案内などお見逃しのないよう、
下記のリンクよりTHE AI 3rd をフォロー、またはメールアドレスの登録をしてください。

Facebook でTHE AI 3rdをフォロー

THE AI メールニュースへの登録

Sponsors

Diamond Sponsor

  • 日本マイクロソフト株式会社

Platinum Sponsor

  • グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
  • 株式会社電通
  • フューチャー株式会社
  • ライブリッツ株式会社

Gold Sponsor

  • 株式会社NTTドコモ
  • 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
  • ライオン株式会社
  • 株式会社セブン銀行
  • 綜合警備保障株式会社
  • 株式会社ウフル

Silver Sponsor

  • 株式会社JSOL
  • 株式会社ZEALS
  • GVA TECH株式会社
  • アローサル・テクノロジー株式会社
  • 株式会社 Insight Tech

Bronze Sponsor

  • 日本オラクル株式会社
  • スキルアップAI株式会社
  • 三井情報株式会社
  •  株式会社エルテス

Partners

Media Partner

  • ITmedia AI+
  • ITmediaエンタープライズ
  • ITmediaマーケティング
  • キーマンズネット
  • @IT
  • THE BRIDGE
  • AMP
  • RBB TODAY
  • ITSearch+
  • 東京カレンダー

Partner

  • 一般社団法人 日本ディープラーニング協会
  • 一般社団法人シンギュラリティ・ソサエティ
  • 東京大学松尾研究室
  • 株式会社ABEJA
  • PR TIMES LIVE
  • イベントレジスト株式会社
  • eight

Archives過去のTHE AI

2018年7月に六本木アカデミーヒルズで開催した 「THE AI 2nd -未来ではなく、今のAIを話そう。」 のハイライトをご覧いただけます。

過去に開催したTHE AIの講演レポート、当日の様子は下記ページにて記載しています。
一部 スポンサー講演の資料もダウンロードいただけます。

Contactお問い合わせ

本イベントに関するご質問、協賛に関するお問い合わせは下記リンク先より承ります。
お気軽にご連絡ください。