update

#theai3rd

AI x ビジネスの大規模カンファレンスとして開催してきたTHE AI。
第三回目となる THE AI 3rdは会場を虎ノ門ヒルズに移して、2019年2月13日(水)に開催いたします。

第一回を開催した一年前と比較して事例や着手企業が増えている中、
Ledge.ai での日々の取材を通しても AI・ディープラーニング技術の確かな浸透を見てとれる一方で
未着手領域においては改めて喫緊の課題であると肌で感じています。

この一年間だけでもAI・ディープラーニング技術の進化によって変革は進み
サービスや働き方の転換、導入するための選択肢や可能性の拡張はさらに速度を増しています。
THE AI 3rdは「今のAI」を捉えて自分の仕事に活かし、さらなる進化を目指す人のためのイベントです。

Outline開催概要

開催日時:
2019年2月13日(水)10:00 - 18:20
18:30よりNetworking Party
実施概要:
ゲストによる特別講演・基調講演
3ステージでのAIのビジネス活用に関する講演5枠
協賛企業によるブース出展
Networking Party *別途 事前申込が必要です。
定員:
1,200名
主催:
株式会社レッジ
開催場所:
東京都港区虎ノ門1-23-3
虎ノ門ヒルズ森タワー5階 ,4階
虎ノ門ヒルズフォーラム

タイムテーブル

  • 10:10~ 基調講演
  • 11:30~ 講演 (3ステージ)
  • 12:10~ ランチタイム
  • 13:00~ 講演 (3ステージ)
  • 14:00~ 講演 (3ステージ)
  • 15:00~ 講演 (3ステージ)
  • 16:20~ 講演 (3ステージ)
  • 17:20~ 特別講演
  • 18:30~ Networking Party

超早割チケットを購入する

※ 超早割チケットをご購入いただいた方は、全講演プログラム確定後に改めて受講枠を登録いただく必要があります。

Speakers講演者


photo:蜷川実花

メディアアーティスト
落合陽一

1987年生. メディアアーティスト. 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了. Ars Electronica STARTS Prizeなど多数の賞を受賞. また国内外問わずメディア露出も多数. 個展として「落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」など. 様々なコラボレーション作品制作や演出を手掛け, 多くの事業者と制作・開発を行う.

一般社団法人 シンギュラリティ・ソサエティ
代表理事 
中島 聡

https://www.singularitysociety.org/
早稲田大学大学院理工学研究科修了。大学時代に日本のCADソフトの草分けである「CANDY」を開発。大学院修了後はNTTに入社したが、わずか1年で設立間もないマイクロソフト日本法人へ転職。3年後、米国本社へ移るとWindows 95、Internet Explorer 3.0/4.0等のチーフアーキテクトを担った。2000年代に入り、独立を果たすとXevo、neu.Pen等を起業。
2018年8月には「 i-mode を世に送り出した男」として知られる夏野剛氏を共同発起人として、NPO法人シンギュラリティ・ソサエティを設立。
テクノロジーを操り、シンギュラリティの時代にふさわしい「未来の設計者」である若者を支援するため、精力的に活動をしている。
毎週火曜日発行のメルマガ「週刊 Life is Beautiful」の執筆を今も継続中。主な著書に『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』(文響社刊)、『結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術』(実務教育出版)がある。米国シアトル在住。MBA(ワシントン大学)

Coming Soon.

...And more

その他、様々な産業で先進的なAIの取り組みを実現している企業の講演を予定しています。
続々発表される登壇者をお楽しみにお待ち下さい。

Newsletter最新情報の配信

本カンファレンスに関する最新情報は、
AI:人工知能特化型メディア Ledge.ai 、Facebookイベントページとeメールにて配信いたします。

当日のプログラムに関する情報や、チケット販売のご案内などお見逃しのないよう、
下記のリンクよりTHE AI 3rd をフォロー、またはメールアドレスの登録をしてください。

Facebook でTHE AI 3rdをフォロー

THE AI メールニュースへの登録

Archives過去のTHE AI

2018年7月に六本木アカデミーヒルズで開催した THE AI 2nd のハイライトをご覧ください。

過去に開催したTHE AIの講演レポート、当日の様子は下記リンクよりご覧いただけます。
一部 スポンサー講演の資料もダウンロードいただけます。

Contactお問い合わせ

本イベントに関するご質問、協賛に関するお問い合わせは下記リンク先よりお願いいたします。