AIスペシャリストたちの視座から探る、2021年求められる人材とスキル:THE AI powered by 日本HPセッション紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

AIの開発やコンサルティング、国内最大級のAI専門メディア「Ledge.ai」を運営する株式会社レッジは、オンラインカンファレンス「THE AI powered by 日本HP」を2021年1月18日(月)から開催中です。

THE AIは最新事例を交えながら、ビジネスにおけるAI活用の第一歩、その次の一歩を知るカンファレンスです。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で「ニューノーマル時代」と呼ばれる現在、新たな生活様式が根づき始めています。昨今の第三次AIブームの最中でも、外的な環境変化により、AI活用の環境は著しく変化しており、この先の予測できない激しい社会変化に対して適応し生存できるのか、不安を抱えている方も多いと思います。

本カンファレンスはそんな方々に向け、長年グローバルで愛用されるオンプレ環境を提供する株式会社日本HPに全面協力いただき、「ニューノーマル時代におけるAI業界のメガトレンド」をテーマに、昨今の時代変化に合わせてどのようにビジネスを考え、2021年以降の日本でどのようにAI開発に取り組むべきかを考えるカンファレンスです。

参加費は無料です。

本稿では、株式会社ABEJA 執行役員の菊池 佑太氏、日本ディープラーニング協会 理事 事務局長の岡田 隆太朗氏、株式会社レッジ 代表取締役の橋本和樹による特別講演「AIスペシャリストたちの視座から探る、2021年求められる人材とスキル」を紹介いたします。

特別講演:AIスペシャリストたちの視座から探る、2021年求められる人材とスキル

登壇者紹介


株式会社ABEJA 執行役員
菊池 佑太

2007年にヤフー株式会社へ新卒入社。インターネット広告の開発を担当。その後独立を経て株式会社フリークアウトに入社。機械学習によるダイレクトレスポンス広告事業担当などを経て、2017年4月にABEJAに参画。2018年3月より執行役員。同年4月から2019年8月まで、株式会社サイバーエージェントとの合弁会社CA ABEJAの取締役副社長を務める。2019年6月より取締役。2020年12月より現職。


日本ディープラーニング協会 理事 事務局長
岡田 隆太朗

1974年生東京都出身。慶應義塾大学在学中に起業。事業売却後事業会社を連続設立し、2012年 株式会社ABEJAを共同創業。2015年攻殻機動隊Realize Projectを発足し、コンテンツを活用したアカデミアと産業の連携する場を創設。同年より、IT経営者のコミュニティイベントInfinity Ventures Summitの運営事務局を設立し事務局長に就任。2017年、ディープラーニングの産業活用促進を目的に一般社団法人日本ディープラーニング協会を設立し事務局長に就任。2018年より同理事兼任。


株式会社レッジ 代表取締役
橋本 和樹

在学中よりWebサービスやシステムを受託開発。卒業後、NPO法人かものはしプジェクトに参画し、資金調達に貢献。2011年に株式会社ビットエーを創業。Web制作、データ解析、AIコンサルティングなどの事業展開を行い、150名規模まで組織を拡大。株式会社レッジ設立に至る。

セッション紹介

新型コロナウイルスの世界的な流行によって、様々な生活様式が一変し、私たちのビジネスを取り巻く環境についても劇的に変化しました。そんな状況下で私たちは、「ニューノーマル時代」においてどのようなスキルを身につけ、どのようなキャリアを歩んでいけばよいのでしょうか? AI業界の有識者と議論していきます。

テーマは「新型コロナウイルスにより、もたらされたトレンド」「2021年に持つべきスキル、思考」の2つ。菊池 佑太氏、岡田 隆太朗氏がコロナ禍に対してそれぞれの考えを明らかにし、2021年に対する展望を語ります。最後の聴講者へのメッセージも必見です。

NVIDIA、SONY、ABEJA、ウェザーニューズ、JDLA、オプティムなど

そのほか、本カンファレンスでは、日本HPをはじめ、NVIDIA、SONY、ABEJA、ウェザーニューズ、JDLA、オプティムなどのAI活用の最先端で活躍されている有識者を集め、セッションを実施していただきます。セッション内容は下記のTHE AI powered by日本HP 特設サイトからご確認ください。