最先端技術のシナジーで革命が起きる ── クーガーがCONNECTOMEプロジェクトで進める自律型社会の形成

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月26日、レッジが主催するAIカンファレンス『THE AI 2nd』にクーガー株式会社CEO 石井敦氏が登壇しました。

『THE AI』
株式会社レッジが「未来ではなく、今のAIを話そう。」というテーマで主催する、大型のAIビジネスカンファレンス。具体的すぎたり抽象的すぎる話ではなく、ビジネスにおいてどの程度のコストで、どこまで活用可能か? という視点で、AIのスペシャリストたちが語ります。

THE AI 2ndの詳細はこちら

AIと先端技術によって作り上げられる自律型社会の実現へのロードマップについて語った石井氏。最先端テクノロジー同士のシナジーにより、実現できる自律型社会は、私たちが思うより進んでいることを感じました。

石井 敦
クーガー株式会社 / CEO
IBMを経て、大規模検索エンジン開発、オンラインゲーム開発の統括・進行、ロボティクスTOPレベルチームへの技術支援、AIラーニングシミュレーター提供などを行う。現在、AI x ロボティクス x IoT x ブロックチェーンによる応用開発を進めている。

自律型社会の実現に向けた変化はすでに始まっている

石井氏は、最先端テクノロジー同士が繋がることで生まれるシナジーによる、自律型社会の形成を目指している、と語ります。

――石井
「コネクテッドカー、スマートシティ、スマートホーム。どれも未来の技術ではありません。すでに実用化段階にあるものです。」

たしかに、完全自動運転とはいかないものの、自動運転車はすでに市場に出回っています。さらに、スマートシティ、スマートホームを実現するためのIoTデバイスや、システムも普及し始めているのは事実。

――石井
「それらの技術は、“生活空間をスマートスペース化する”という点で共通しています。今はまだ点でしか利用されていない技術ですが、ひとつひとつのデバイス同士が情報共有し合うようになれば、社会全体がスマートスペースへと変わっていきます。つまり、人類史上初の自律型社会の形成につながるということです。」

中国では、信号をAIが制御している事例がありますし、日本では家電の制御にスマートフォンアプリを使う例が増えています。自律型社会が成立すれば、今まで人の手で操作する必要のあった多くのものが自動で運用されるようになるといえるでしょう。

しかし、完全な自律社会の実現にはまだ多くの課題がある、と石井氏は論を紡ぎます。

CONNECTOMEで目指す包括的な課題解決

――石井
「自律型社会実現の前提として、不特定多数のデバイスが自動で連動する必要があります。その上で、データの改ざんが起きない仕組みが必要になる。絶対的な信頼性をもつシステムがなければ話になりません。」

たしかに、デバイス同士がつながることで、悪意のあるハッキングも容易におこなうことが可能になってきています。不特定多数のIoTデバイスが連動する中でデータの改ざんが起きたとすれば、日常生活どころか都市機能にも支障をきたす可能性があります。

――石井
「そのため、信頼性の形成だけではなく、スマートスペースの実現にはまだまだ課題が山積みなのが現状。これらの課題を包括的に解決するため、CONNECTOMEというプロジェクトを進めています。」

クーガーが取り組むCONNECTOMEプロジェクトとは、自動運転車や、ドローン、家電、ロボットなどのすべてのIoTデバイスがインターネットによってつながり、人間のように自律することを目指すプロジェクト。
このプロジェクトを通して、

  • IDの形態と認証方法
  • AI学習データの用意
  • AIインターフェースの進化
  • 信頼の形成

という4つの課題を解決を目指しているそうです。
石井氏の提示した、CONNECTOMEプロジェクトでおこなう課題解決への取り組みは以下のとおり。

ブロックチェーン技術によるIDの一元管理

現状は、それぞれのサイトやサービスごとに別々のユーザーIDが存在しており、IDは一元管理されていません。

――石井
「IDが一元管理できていないため、ユーザーは別のデバイスや、サービスに接続するたびに、ID認証が必要になっています。この状況を変えるためには、IDをブロックチェーン上の分散台帳で管理する必要があるのです。」

自律型社会に必要不可欠な、不特定多数のデバイス同士が連携する状態を実現するためには、ブロックチェーンによるID管理の一元化が欠かせないとのこと。不特定多数のユーザーが相互にIDを管理しあっている状態で、初めて中央管理者のいない、理想的な状態ができます。

――石井
「しかし、各企業やサービスがIDを管理している場合とは異なり、ID情報を紛失してしまった場合は、復元が難しい。その問題に対処するために、指紋認証、虹彩認証、行動認証などの、記憶やテキストに依存しないIDによる認証のシームレス化が重要になってきます。」

非中央集権的なID管理で、ID情報を一元管理し、本人認証のシームレス化によって、ID情報の紛失を防いでいく。この組み合わせが、自律型社会の実現への足がかりとなっていきます。

AIが必要とする大量の学習データをどう用意するか

――石井
「コネクテッドカーのように、膨大な学習データの必要な技術では、人力でデータを集めていくのはほぼ不可能です。その問題を解決するために、3D AIラーニングシミュレーターを開発しました。」

クーガーで開発した3D AIラーニングシミュレーターは、比較的手に入りやすい背景画像と、3Dで表現した人の動きを組み合わせることで、膨大な学習データを作り出すことができるんだとか。

AI活用が鍵となる自律型社会にとって、データはまさに命綱。データ収集の簡易化技術はAIの判断精度向上に不可欠といっても過言ではないでしょう。

AIインターフェースの進化

――石井
「AIが日常生活に融け込むために、VUI(音声ユーザーインターフェース)に代表されるような、ユーザーインターフェースの進化が進んでいます。クーガーではCONNECTOMEプロジェクトを通して、視覚、触覚を持つコンシェルジュ型インターフェースの制作を進めています。」

石井氏が会場で再生した動画では、コンシェルジュ型AIが音声だけではなく、物体までも認識していました。さらに、デバイスの壁を越え、ほかのデバイスへコンシェルジュ型AIが移動する様子は、まさにスマートスペースの完成図を見ているようでした。

信頼性の構築

――石井
「結局のところ、最終的にもっとも重要なのは、どのように信頼性を担保するか。情報共有にタイムラグがあれば仕組みとしてうまくいきません。
情報が改ざんされたとしたら、社会全体に影響が及ぶかもしれない。信頼性を担保するにはエッジコンピューティングブロックチェーンの実用化が最適解だと考えています。」

現時点ではまだ構想段階の自律型社会ですが、基礎となるテクノロジーの研究は年々進んでいます。自律型社会の実現はもう、すぐそこのように感じます。

自律型社会はすぐそこまで来ている

今回、石井氏の語った自律型社会は夢物語ではありません。現実に存在している、技術、概念をベースに作り上げられた構想です。自律型社会について語る石井氏の表情には、自律型社会はもう手の届くところにあるというたしかな実感がありました。

理想の社会の実現に向けて突き進む、クーガーの今後が楽しみになる講演でした。

講演資料もダウンロード可能

今回の講演資料は下記からダウンロード可能です。ぜひ参考にしてください。