「AIを流行では終わらせない」リクルートが考えるAI活用の勘所

RECRUIT-tpp
このエントリーをはてなブックマークに追加

1月31日にレッジが六本木アカデミーヒルズにて開催した、『The AI 2018』

『The AI』とは
The AIとは、株式会社レッジ主催の、”今のAIを語る”大規模AIカンファレンスです。AIが世の中をこう変える、ビジネスを進化させるなどの抽象的な未来な話ではなく、具体的なコストは? 具体的に何ができるのか? など、今のAIを知る名だたる企業が登壇する大規模イベントです。
>> The AIの詳細はこちら

今回はその中のリクルートテクノロジーズによる講演「リクルートにおけるAI活用とビジネス貢献の勘所」を、AIが社内で果たす多様な役割。リクルートのAI活用事例 に続いて、その後半部分をお届けしていきます。

石川 信行
株式会社リクルートテクノロジーズ / シニアマネジャー
2009年リクルート新卒入社。グループ横断でデータの解析・利活用を推進するデータテクノロジーラボ部を指揮。

イベントレポートの前半では、リクルートにおけるAI活用の事例を紹介してきました。

今回はこの講演でもっとも注目すべきパート、これらの事例を踏まえた上で石川さんが語ってくださったビジネス上のAI活用の勘所をまとめていきます。

AI活用の勘所。運用のトライアングルでAIを社内で活かす


AI活用の落とし穴は一体どこなのか。石川さんはこう言います。

ーー石川
「精度100%は難しいです。なぜなら人が付与する正解データを学習しているからです。人はそもそも100%ではないです。
機械学習というのは、文字通り学習して育っていきます。この前提が必要です。
AIをやりたいではなく、何をどう解決したいかが明確にしなければいけません。
やりっぱなしはいけません。精度は上げていくものです。」

AIというとどうしても使い手の期待値が上がりすぎてしまい、完璧な精度を求められてしまいますが、実現するには難しい領域です。

こうしたAIの現実を知った上で、AIにできる最大値を引き出して運用していくことがAI活用を成功させる秘訣ということですね。

講演の中で石川さんは、AIを活かすための勘所として3つのキーワードをあげてくださいました。それぞれ紹介していきます

AIを活かすための勘所1:技術力

ーー石川
「技術力とは、運用までしっかり考えて開発することです。ただ新しいものを突っ込んでみるということでは、成果を出すことはできません。」

AIを活かすための勘所2:施策接続力

ーー石川
「AIは何か問題を解決するものでなくてはいけないので、とりあえず試したという観点ではいけません。施策にどう使うかという観点も必要です。実際に使って継続的に運用してもらえないと全く価値がないのです。精度の観点では、育てていくものという認識を持ち、KPIや結果の測り方を設定し運用していくことが肝要です。」

AIを活かすための勘所3:環境・情報力

ーー石川
「環境・情報力という部分では技術発掘トレンド把握が大切になります。社内でAI活用しやすい環境構築と、海外の技術や新しいトレンドの発掘が行えるスキームを構築し、柔軟な情報体制の成立が不可欠です。また、チャレンジしやすい土俵作りも必要です。」

AIを流行では終わらせない。今後も進化し続けていくために

ーー石川
「この3つの力を育てていくために、リクルートは優位性のある環境だと思います。リクルートのボトムアップの文化が、こういったAIやデータ解析のムーブメントを起こしてきました。こうしたボトムアップの環境が技術を育てて、それをどのように活用していくのかというところまで繋がっているのだと思います。」

最後に、石川さんが今後の目標を語ってくれました。

ーー石川
AIを流行で終わらせない。地に足をつけて、AI 活用し続けることが大切です。

たとえ地味な業務だとしても、そこに新しい技術を入れて改善し、誰かがこれによって得をする、幸せになる、浮いた工数を使って新しくクリエイティブなことができる。こういったことが続いていくなら、AIを使う甲斐があると思います。」

AIを実際に運用していこうとすると、一筋縄ではいきません。

今後もビジネスの諸問題をAIを使って解決したいという場面が増えてくると思いますが、こうした場面で長い時間をかけて精度を磨き続けるだとか、大量の学習データを集めてくるだとか、愚直にやらないといけない部分がたくさんあるということですね。

AIを流行では終わらせないためには、勘所を掴み泥臭く運用していかなければならないということが石川さんのお話から伝わってきました。

石川さん、貴重なお話ありがとうございました。