「ディープラーニングほど簡単で、すぐに習得できる技術は初めて」ソニーが変えるAI開発の現場

Sony-top
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ledge.aiが1月31日に開催した「THE AI 2018」から、ソニーネットワークコミュニケーションズ/ソニーによる講演をお伝えします。

『The AI』とは
The AIとは、株式会社レッジ主催の、“今のAIを語る”大規模AIカンファレンスです。AIが世の中をこう変える、ビジネスを進化させるなどの抽象的な未来な話ではなく、具体的なコストは? 具体的に何ができるのか? など、今のAIを知る名だたる企業が登壇する大規模イベントです。
>> The AIの詳細はこちら

講演では、「ソニーのディープラーニングツールが変えるAI開発」をテーマに「Neural Network Console」によるAI開発について登壇していただきました。

登壇者は、ソニーネットワークコミュニケーションズ/ソニーの小林 由幸さんです。

小林 由幸
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社/ソニー株式会社 シニアマシンラーニングリサーチャー。1999年ソニーに入社。機械学習技術の研究開発をはじめ、近年ではディープラーニング関連の技術・ソフトウェアの開発に従事。

「AIの市場規模はGDPの2割に達する」ディープラーニングの応用範囲は広大

Sony4

まず、ディープラーニングの可能性と現状の課題について話していただきました。

――小林
「ディープラーニングは、現時点で画像認識や音声認識などさまざまな分野で人を超える性能を実現しており、ディープラーニングの活用が進むと、AIの市場規模は最終的に、GDPの2割に達する可能性があると言われています。

これは、ニューラルネットワーク(脳の神経経路を模したモデル)の入力と出力を変えることで、実現できることの自由度が大きいためです。

なので、ディープラーニングを活用するには、技術を活かす発想力と学習に必要なデータに投資をする姿勢があれば、誰でも恩恵を受けることができます。」

実際にソニーでは、不動産事業や電子ペーパーなど、グループ内のさまざまな分野の社員が製品開発にディープラーニングを活用しているそうです。

では、ディープラーニングのビジネス活用を進める上での課題はなんでしょうか。

「ディープラーニングほど簡単で、すぐに習得できる技術は初めて」

――小林
「今の課題は、利用する人間の意識がテクノロジーの進化に追いついていないことです。なので、大幅な人材不足が危惧されています。また、ディープラーニングのブラックボックスな部分に不安をもっている方もいらっしゃいます。

しかし、実際に使ってみると性能の高さに驚かれると思います。」

日本だけでなく、世界中でいわれているAI人材の不足。日本政府も助成金を出して育成を進めようとしていますが、まだまだ足りないのが現状です。いざ学ぼうとしても、ディープラーニング初心者がニューラルネットワークの構築に取り組むことは、難しく時間がかかるものですよね……。

いっぽう、小林さんは「知識ゼロの人が思うほど、難しい技術ではない」と語ります。

――小林
「私は、10年以上機械学習の分野で研究をしてきましたが、『ディープラーニングほど簡単で、すぐに習得できる機械学習技術は初めて』です。

ディープラーニングでよく聞く、Convoluionや全結合レイヤーの難易度は、プログラミングで言えばif文やfor文程度のものです。

ですから、ゼロからの習得も十分可能です。そのための開発ツールも整ってきています。概念さえ分かってしまえば、自分だけのニューラルネットワークをすぐに作ることができます。」

ディープラーニングの分野で遭遇するRNNやCNN、LSTM、GANといった聞きなれないことば。知識ゼロの身からすると、難しそうに感じてしまいます。しかし、世界中で人工知能ブームが起きる前から研究をしていた小林さんの観点では、一般の人でも活用できる技術なんですね。

そんな技術の活用を加速させるために、ソニーからリリースされたのが「Neural Network Console」です。

AI開発を加速させるNeural Network Console

Sony2

Neural Network Consoleとは、Neural Network Libraries(※)をGUI画面で操作して利用できるディープラーニングの開発ツール。

※Neural Network Libraries
ソニーが提供しているニューラルネットワークの研究・開発・実装を効率化するオープンソースソフトウェア。
――小林
「Neural Network Consoleは、自分の作りたい学習モデルを早く形にしたい人にオススメです。

そして、コードを書く必要もなく、初めてディープラーニングに触れる人でも使えます。数ヶ月でディープラーニングを使えるようになるので、技術者不足の問題に有用なツールです。」


Neural Network Consoleで使える機能はたとえば、

  • ドラック&ドロップによるネットワーク構築
  • 試行錯誤結果の管理機能
  • 構造自動検索機能

などなど。機能の詳細は、以下の記事で説明をしているので、そちらをごらんください。

>>「SONYの本気!AI開発ツール『Neural Network Console』が現場の常識をぶっ壊す」

――小林
「GUIでネットワークの設計ツールはこれまでもありました。ただ、Neural Network Consoleは、ソニーで実際に商品化に使われているツールです。

商品(IoT端末)に搭載するためのネットワークの最適化までをConsole内で行うことができます。」


「aibo」にも使われているNeural Network LibrariesをGUIで使うことができる

実際にソニー社内での有名な製品の開発例もあるというのが、何よりも説得力があります。

また、はじめての人がディープラーニング技術を簡単に使える環境ができることは、ビジネスも大きく加速しそうです。

「ディープラーニングのポテンシャルを技術者以外にも広げたい」

Sony6

――小林
「ソニーはいろんな事業をやっており、現場でのディープラーニング活用を進めております。しかし、それでもソニーだけでは、ディープラーニングのポテンシャルをカバーできないと思っています。

応用範囲の広いディープラーニングを技術者だけでなく、企画者の人やデザイナーの方にも使っていただいて、社会がよくなればと思いました。

オープンソースのライブラリと無償なものを提供しているので、是非活用していただければと思います。」

Ledge.aiでも取材させていただいたソニーのNeural Network Console。研究者や技術者がもたない視点から、ディープラーニングの潜在能力を引き出すきっかけになりそうです。

日本は海外と比較して、人工知能関連のビジネスが遅れている問題もあります。そこで、Neural Network Consoleが日本企業のAI活用促進につながるといいですね。