バウムクーヘンを焼けるAIオーブンが登場 職人と同レベルで

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ユーハイムは11月30日、アバターイン社と共同開発したバウムクーヘン専用AIオーブン「THEO(テオ)」を販売開始すると発表した。

THEOは、職人が焼く生地の焼き具合を、各層ごとに画像センサーで解析。AIに技術を機械学習させてデータ化し、無人で職人と同等レベルのバウムクーヘンを焼き上げられるという。

ユーハイムは3月4日に、菓子製造工程に添加物を使わないため、材料メーカーとともに、加工材料から添加物の排除を実践する「純正自然宣言」を実施した。純正自然の菓子作りを進めていきながら、生産性を高めるためには、添加物のなかった頃の職人の技術の復活や継承、新たな職人の育成が欠かせない。

このような状況を踏まえ、時間も手間もかかる過程のブレイクスルーとして、IoT(モノのインターネット、Internet of Things)や人工知能(AI)の技術を活用したとしている。

なお、2021年3月4日に名古屋市内で開業する「バウムハウス」でのTHEO実装に向け、年明けから実証実験を開始する。実証実験では、菓子店間の遠隔操作や、消費者によるアバターを通じた焼成体験などを実施。従来の流通体系とは違うスタイルの販売ネットワークづくり、職人の技術継承、地位向上などを模索するとしている。

>>ニュースリリース

電通と双日、AIがマグロの尾部断面画像から品質判定するシステムを開発

AIを活用し、職人の腕を再現するといった例はほかにもある。

株式会社電通と株式会社電通国際情報サービス、双日株式会社は、天然マグロの尾部断面画像からAIが品質を判定するシステム「TUNA SCOPE」を開発し、実証実験を実施した。

同実証実験では、一人前になるまで10年は必要といわれるマグロ仲買人の「目利き」のノウハウに着目。マグロの尾部断面の目視により品質を判定する「尾切り検品」と呼ばれる職人技から得た膨大なデータを機械学習により継承している。