中国、AI技術などを輸出制限 TikTok売却がますます困難に

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は Unsplash より

中国政府は今後、人工知能(AI)などの技術を輸出制限する。中国の商務省と科学技術省が現地時間8月28日、ウェブサイトに公開した「中国輸出禁止・輸出制限技術リスト」の改訂で明らかになった。

>>「中国輸出禁止・輸出制限技術リスト」

日本経済新聞の報道によると、同リストの改訂は2008年以来。おそよ12年ぶりの改訂と言える。

>>日本経済新聞の報道

NNA ASIAによると、今回の改訂では禁止・制限技術を9項目削減し、新たに23項目を追加したとのこと。新たに追加した23項目には、AI対話型インターフェース技術などが含まれる。

>>NNA ASIAの報道

このようなAI技術などの輸出規制は、アメリカと中国の対立にも影響を及ぼす可能性が高い。米ウォール・ストリート・ジャーナルは本発表を踏まえ、アメリカ企業による中国系の動画投稿アプリ「TikTok」の買収がさらに複雑化し、米中対立がますますエスカレートすると警鐘を鳴らした。Ledge.ai編集部では、今後も米中の動きに注目したい。

>>米ウォール・ストリート・ジャーナルの報道