Pythonが3位、2021年7月のプログラミング言語ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「TIOBE Index for July 2021」より

TIOBE Softwareは2021年7月、人気を集めたプログラミング言語を並べた「2021年7月のTIOBE指数」において、「Python」が3位になったと発表した。

TIOBE Programming Communityインデックスを見ると、1位は「C」で4.83%減少、2位は「Java」で3.93%増加、3位は「Python」で1.86%増加、4位は「C++」で1.80%増加、5位は「C#」で0.42%減少している。

トップ3はすべて僅差で、1位と3位の差はわずか0.67%。TIOBE Softwareは今後、データマイニングやAI(人工知能)の分野で市場をリードしている「Python」が1位になる可能性が最も高いと予想する。

そのほか、同ランキングでは「Go言語」は20位から13位に、「Rust」は30位から27位に、「TypeScript」は45位から37位に、「Haskell」は49位から39位に上昇した。

>>「TIOBE Index for July 2021」

「Python」が1位間近か、2021年6月のプログラミング言語ランキング

Ledge.ai編集部では、同ランキングについて過去にも報じている。気になる人はあわせてチェックしてほしい。