東京工業大学、機械学習の講義ノートが無料公開 Pythonの実装も学べる

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「機械学習帳」より

東京工業大学情報理工学院 機械学習の講義で使用した講義ノート「機械学習帳」が無料公開されている。

本講義では、機械学習の基礎的な概念と理論を紹介し、機械学習の応用に従事するために必要な知識の習得を目指すというもの。機械学習の応用例をコンピュータ・プログラムとして実装するスキルを養成するため、Pythonによる演習も実施する。

「機械学習帳」では、機械学習の理論と実装を一緒に説明することで、理論の実装や応用に触れるだけではなく、プログラムの実行例を通して理論への理解を深められるという。Pythonに加え、NumPy、Matplotlib、scikit-learn、scipy、PyTorchなどのエコシステムとあわせて機械学習の実装を習得できる。

「機械学習帳」より

単回帰、重回帰、ロジスティック回帰、ニューラルネットワーク、サポートベクトルマシン、クラスタリング、主成分分析、確率的勾配降下法、正則化など、機械学習の重要事項を広くカバーした。初学者向けに原理や数学的な取り扱いを丁寧に説明する。

なお、同講義ノートは「クリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 改変禁止 4.0 国際 (CC BY-NC-ND 4.0)(プログラム部分以外)」および「MITライセンス(プログラム部分)」で公開している。