「子育て応援サービス」の実証実験が国立成育医療研究センターとの共同で開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

トモイク株式会社は2023年1月18日、住友生命グループのCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)ファンドであるSUMISEI INNOVATION FUNDから出資を受け、さらなる連携強化を図ると発表した。住友生命保険相互会社が複数の企業と提携して取り組んできた「子育て応援サービス」開発プロジェクトの実装に向けた実証実験が、国立研究開発法人国立成育医療研究センターとの共同で開始されるが、今回の出資は実証実験の開始とあわせたものという。

「子育て応援サービス」とは

「子育て応援サービス」への取り組みは、住友生命が株式会社三菱総合研究所の運営する未来共創イニシアティブ(ICF)に参画したことから始まり、「産後うつを未然に防ぎ、明るい子育て生活を応援する」というコンセプトを掲げて、ユカイ工学とトモイクとの連携によって進められてきたという。

その後、オンラインカウンセリング事業を展開する株式会社cotree、オンラインヘルスケア事業を展開するヘルスケアテクノロジーズ株式会社がコンテンツパートナーとして「子育て応援サービス」の実証実験に加わったとのこと。

「子育て応援サービス」実証実験の概要

・実験の目的
妊娠中から出産後まで「子育て応援サービス」を継続使用することによるQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の変化や産後うつの改善効果を観察し、実装の可能性について検討する。

・対象者
国立成育医療研究センターで第一子を出産予定の人(妊娠中期・成人)を対象に、実験への参加希望者を募集する。

・期間
妊娠後期から赤ちゃんの生後3か月まで。

・実験方法
ユカイ工学株式会社のコミュニケーションロボット「BOCCO emo」と「子育てサポートアプリ」を実際に利用して、本サービスを体験してもらう。体験期間中にWHO-5やEPDSといった精神面の健康状態を測定する質問票への回答を依頼し、メンタルヘルス低下予防や産後うつへの効果を検証する。

■トモイク株式会社
https://tomoiku.co/
電話番号 03-6264-1028
窓口 https://tomoiku.co/contact

■SUMISEI INNOVATION FUND
https://www.sumitomolife.co.jp/about/cvc/

>>ニュースリリース