AIで人間の顔をディズニー風に変換できる無料サイトが復活!

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真に写る人物をあっという間に、ディズニー顔に変換できる無料のウェブサイト「Toonify Yourself!」をご存じだろうか。同サイトは日本のSNSなどで話題になったものの、人気すぎてサイトが一時はクラッシュ。現在はユーザーの寄付による支援で復活を果たした。

公式サイトより

「Toonify Yourself!」を使うと、『シザーハンズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで有名なジョニー・デップさん、『タイタニック』や『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』などで知られるレオナルド・ディカプリオさんの顔がディズニー風になる。

公式サイトより

『インデペンデンス・デイ』や『アイ・アム・レジェンド』などで知られるウィル・スミスさん、『マトリックス』シリーズや『ジョン・ウィック』シリーズで有名なキアヌ・リーブスさん、『タクシードライバー』や『マイ・インターン』などで知られるロバート・デ・ニーロさんもお手のものだ。

公式サイトより

『ロスト・イン・トランスレーション』や『アベンジャーズ』シリーズで有名なスカーレット・ヨハンソンさん、『ゾンビランド』シリーズや『ラ・ラ・ランド』で知られるエマ・ストーンさんも、ディズニープリンセス風に変換される。

公式サイトより

個人的には、『きみに読む物語』や『ラ・ラ・ランド』で有名なライアン・ゴズリングさんの写真がもっともお気に入りだ。実際に、数年前のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの作品に登場していたと言われても、嘘だと気づかない人もいるかもしれない。

公式サイトより

もちろん、ディズニー風に変換できるのはハリウッド俳優だけではない。バラク・オバマ前大統領もディズニー風(?)になってしまう。

AIにおけるディープラーニングとGANsを活用

「Toonify Yourself!」は、研究者のジャスティン・ピンクニー(Justin Pinkney)氏および、Doron Adler(ドロン・アドラー)氏が開発したもの。人工知能(AI)におけるディープラーニングと敵対的生成ネットワーク(Generative adversarial networks、GANs)を活用している。

公式サイトより

利用方法は、同サイトに変換したい写真をアップロードし、「Toonify!」をクリックするだけ。

公式サイトより

あっという間にディズニー風に変換した写真が出来上がる。ただし、公式サイトによると、アニメのキャラクターにメガネをかけている登場人物が少ないため、メガネをかけた人の変換は難しいとのこと。なお、アップロードした画像や生成された画像を保存しないとしている。

また、高解像度の画像を作成できる有料版の「Toonify HD」も公開している。気になる人は「Toonify Yourself!」とあわせてチェックしてみては。

>>Syncedによる報道

AIで人間を顔をゾンビに変える無料サイト、なかなかの怖さ……

本サービスに興味を持った人は、写真に写る人物をゾンビにできる無料サイト「Make Me A Zombie!(メイク・ミー・ア・ゾンビ)」にも注目してほしい。

「Make Me A Zombie!」を使うと、『Crazy In Love』や『single ladies』などで有名なシンガーソングライターのビヨンセさん、『インデペンデンス・デイ』『アイ・アム・レジェンド』『アラジン』などで知られるハリウッド俳優のウィル・スミスさんも、見事にゾンビ姿に大変身してしまう。

また、2020年11月3日のアメリカ合衆国大統領選挙で争うドナルド・トランプアメリカ合衆国大統領と、ジョー・バイデン元アメリカ合衆国副大統領も、同じようにゾンビ化する。実際の写真も見たい人は以下の記事をクリックしてほしい。