カテゴリー: 沖電気工業

OKIは、エッジ領域にAIを実装し、クラウドとも連携した「AIエッジコンピューティング」を実現します。フィールド(エッジ領域)からのセンシングデータをAIで解析して”より早くフィードバック”を行い、クラウドとも連携して”より最適で価値のある解を提供”できる「リアルタイム-インテリジェンス」で、エッジ領域でのICT環境の高度化を推進し、お客様が抱えるさまざまな課題を解決していきます。